1級 建設機械施工管理試験

試験は要領です!
合格できる方法があります。

出題傾向を見れば本年度の出題予想は容易です

1級 建設機械施工管理 第二次検定 の建設機械施工法の出題は、以下の通りです。

毎年出題される問題、隔年で出題される問題が、たくさんあります。
合格点を獲るためには、このような問題を重点的にやればいいのです。

1級 建設機械施工法 予想 R03 R02 R01 H30 H29 H28-
H24
◇ 安全施工
 建設機械の運転操作の安全対策 1
 搬入搬出や保守管理の安全対策
 施工現場の安全対策
 地下埋設物の事故防止対策 2
 架空線の事故防止対策 2
 工事現場付近の交通事故の防止 2

勉強法でお悩みの方に朗報!

試験日までに効率的な試験対策を行うためには、
本年度の出題を予想し、解答文を作成しておく必要があります。

当サイトでは、勉強法でお悩みの方のために、
「組合せ施工法の解答例と部品集」
「施工管理法と建設機械施工法の出題分析と重要項目集」
を提供しています。

1級 建設機械施工管理試験 2022年版

最低限の努力で合格点が獲れる教材です

 過去の出題傾向を徹底分析し、出題を予想しています。

 出題予想から何をやるべきか、試験対策の優先順位がハッキリわかります。

 「組合せ施工法の解答例と部品集」と「施工管理法と建設機械施工法の出題分析と重要項目集」を使用すれば、
短期間・最低限の努力で、建設機械施工管理試験に合格できます!

1級 第二次検定 組合せ施工法、施工管理法と建設機械施工法に対応。
たくさんの方々からご好評をいただいている、
1級 建設機械施工管理 第二次検定の支援ツールです。

利用していただいた方からは、
「お陰様で合格できました」というお礼のメールも届いています。

1級 建設機械施工管理 第二次検定 支援ツール
3,000 円(税込)

組合せ施工法の解答例と部品集、
施工管理法と建設機械施工法の出題分析と重要項目集

解答例と部品集、出題分析と重要項目集は、ダウンロードすれば、即使用できます。

お申込みはこちら ▶

1級 建設機械施工管理試験
第二次検定の支援ツール

第二次検定 筆記試験の支援ツールは、
「組合せ施工法の解答例と部品集」と
「施工管理法と建設機械施工法の出題分析と重要項目集」
で、
構成されています。

組合せ施工法の解答例と部品集

独自の現場情報に書き換えるだけで、合格点の獲れる解答例文を作成

組合せ施工法の記述問題の対策は、過去に自分が経験した工事を選び、施工管理項目ごとに、事前に十分な準備をして、解答文を作成しておく必要があります。
そのため難易度が高く感じ、勉強法で悩まれる方も多いのではないでしょうか。

  • そこで、試験日までに効率的な試験対策を行うため、独自の現場情報に書き換えるだけで、合格点の獲れる解答例と部品集を準備しました。
  • 本年度に出題が予想される施工管理項目(テーマ)に沿った、
    合格点が獲れる「組合せ施工法の解答例文」を、多数提供しています。
  • 「組合せ施工法の解答例」を使用すれば、自分が経験した現場条件に変更するだけで、合格点が獲れる「組合せ施工法」記述文の準備ができます。

    組合せ施工法の解答例は、次の内容のものを多数作成しています。
      1-1 あなたの立場又は職務
      1-2 主な工種、工事概要
      1-3 主な建設機械の名称
      1-4 工事で使用した主な建設機械
         1-4-1 建設機械の名称と、特徴又は諸元
         1-4-2 建設機械の使用目的、作業内容
         1-4-3 建設機械が選定された理由
      1-5 工程管理(作業効率の向上)で特に留意したこと
      1-5 品質管理(出来形管理)で特に留意したこと
      1-5 環境対策で特に留意したこと
      2-1 安全管理で特に重要と考えること

組合せ施工法の解答例サンプル

  • このページに掲載している、サンプル解答文は、ほんの一部です。
    また、最新のものではありません。
  • すべての解答例は申込み後、ダウンロードしてご確認ください。

「1-2 主な工種、工事概要」の解答例

〔工事概要〕

① 「主な工種」に記入した工種の施工量を記入する。
② 土量、コンクリート量、下水管の径と長さなど具体的な施工量を記入。

主な工種 : 土工、コンクリート工
施工量  : 掘削土量 70,000m3、コンクリート打設量 6,000m3

主な工種 : 道路土工、舗装工
施工量  : 掘削工 5,500m3、盛土工 17,000m3、AS舗装工 25,000m2

主な工種 : 浅層安定処理工
施工量  : 延長100m、幅40m、厚さ1.5m、改良土量 6,OOOm3、
      安定材添加量 100kg/m3

「1-4 工事で使用した主な建設機械」の解答例

◇ ショベル系 建設機械

バックホウ  油圧式ブレーカ装着
 軟岩、亀裂の多い岩石、岩塊の小割、舗装路盤の破砕作業に使用した。
  ・掘削量が多く時間当たり掘削規模が大きかったため、油圧式ブレーカ
   を装着し、バックホウを選定して、階段式に掘削を行うベンチカット
   工法を採用した。

バックホウ  クローラ型、排出ガス対策型(第1次基準値)、0.45m3級
 排水構造物工の機械併用掘削の作業に使用した。
  ・掘削幅1.2m≦B<1.7m、掘削深2.6m<H≦3.3mであったため、
   規定により、バックホウ 0.45m3級を選定した。
  ・平均施工幅が1m以上2m未満であったため、工事量、工期、現場条件
   を考慮して、バックホウ 0.45m3級を選定した。

◇ 運搬作業

ダンプトラック  4tダンプ、8tダンプ、10tダンプ
 掘削作業で発生する土砂や岩塊、破砕物の運搬に使用した。
  ・土砂の運搬距離が1km以上、勾配が10%以下であったため、作業効率
   を考慮して、ダンプトラックを選定した。
  ・運搬距離、運搬路の勾配や幅員、掘削積込み地点の作業場の面積など
   を考慮して、運搬機械はダンプトラックを選定した。

「1-5 工程管理で特に留意したこと」の解答例

◇ 運搬・搬入出

 現場は4tダンプトラックしか出入できず、残土搬出量が限定されたため、搬入ヤードと残土の搬出ヤードを南北に分けて、日進量の向上を図った。

 バックホウの積込に、相当量の日数を要することが予測されたため、鉄板を敷き直して、運搬車の走行速度を上げることで、作業能率を向上させた。

 搬出土砂の工程は、掘削土量0,000m3、土砂運搬距離10km、ダンプトラック13台で2往復、1サイクル1分で000m3/日を、00日間で運搬する計画であった。搬出作業を計画通りに行うため、車輛の運搬路には、鉄板を敷き直し、待機場所を設置した。また、各種作業間の調整や出入り可能な搬出入ルートの確認作業を行った。

 残土搬出に使用する25tクレーンは、県道に設置して作業する必要があったため、搬出車両を当初の10tダンプから32t級の大型ダンプに使用変更し、ダンプワークを向上させた。

1級 建設機械施工管理 第二次検定 支援ツール
3,000 円(税込)

組合せ施工法の解答例と部品集、
施工管理法と建設機械施工法の出題分析と重要項目集

解答例と部品集、出題分析と重要項目集は、ダウンロードすれば、即使用できます。

お申込みはこちら ▶

施工管理法と建設機械施工法の
出題分析と重要項目集

これだけ項目集は、施工管理法と建設機械施工法の全ての出題分類に対応する
「重点項目集」「出題傾向の分析」で構成されています。

「重点項目集」では、
毎年出題される問題、隔年・数年間隔で出題される問題、頻度の多い出題、近年人気の問題などを考慮し、特化すべき重点問題を掲載しています。

「出題傾向の分析」では、
出題傾向を分析して、出題一覧表を作成しています。
どのような問題が、どれくらいの頻度で出題されているのか、一目瞭然です。
項目の重要度、覚える優先順位などの試験対策が、ハッキリわかります。

「重点項目集」「出題傾向の分析」を使用すれば、
絞り込んだ重点項目を覚えるだけで、合格点が獲れる準備ができます。

重点項目集(これだけ項目集)

過去問の出題分析から、重要項目を絞り込み、特化すべき重点項目集を作成。

  • 重点項目集では、出題年度・出題回数は、色を変えて記入しています。
  • たくさんの色が付いている問題が、よく出る問題です。
  • 出題予想から何をやるべきか、試験対策の優先順位がハッキリわかります。
  • Wordデータです。編集して、オリジナルの項目集、問題集が作成できます。
  • 数枚ずつ印刷して、通勤中や業務の合間にも、効率的な勉強ができます。

重点項目集のサンプル

  • このページに掲載している、重点項目集のサンプルは、ほんの一部です。
    また、最新のものではありません。
  • すべての重点項目集は申込み後、ダウンロードしてご確認ください。

重要項目集のサンプル/施工管理法と建設機械施工法

◇ 建設機械施工法 No.01~03

1建機記述B  H30-機械-01  H29-機械-01  H28-機械-01
               H27-機械-01  H25-機械-02

建設機械の作業効率向上

〔建設機械の選定〕
・現場の地形、傾斜の有無、現場地盤のコーン指数などを考慮し、適切な走行性、トラフィカビリテイが得られる機種を選定する。
・設計条件、現場条件を考慮した上で、建設機械を大型化すると作業効率が向上し、作業量当りの燃料消費量が減少する。
・実作業に近い条件での燃料消費率を比較して機種を選定する。
・掘削運搬作業で、傾斜面の下り勾配を利用する場合は、ダウンヒルカット工法を採用し、使用機械は、ブルドーザ、スクレープドーザ、スクレーパを選定する。
・掘削運搬作業で、運搬距離が 60m以下の場合はブルドーザを採用、40~250mの場合は、スクレープドーザを採用、100mを超える場合はショベル系掘削機やローダとダンプトラックの組合せを選定する。
・運搬作業で走行路のコーン指数が、300kN/m2以上の場合は湿地ブルドーザを、500kN/m2以上の場合は普通ブルドーザを、1,200kN/m2以上の場合は、ダンプトラックを選定する。
・傾斜面で軟岩等を掘削する場所は、ブルドーザで下り勾配を利用したリッパ一作業を選定する。
・ルーズな土砂を積込む場合、バックホウより効率の良いホイルロー ダを選定する。

出題傾向の分析

過去問の出題傾向から、出題される問題を予想しています。

  • このページに掲載している、出題傾向のサンプルは、ほんの一部です。
    また、最新のものではありません。
  • すべての出題傾向は申込み後、ダウンロードしてご確認ください。
  • ◎は、予想が的中したものです。
1級 建設機械施工法
    NO.01~03
予想 R03 R02 R01 H30 H29 H28 H27 H26

H24
 建設機械の作業効率向上 1
 排出ガス対策 2
 建設機械の騒音対策 2
 建設機械の輸送の留意点
 建設機械の積込み積降し
 建設機械の現場内自走輸送

高得点を取る必要なし。
時間をかけずに、確実に合格点アップ、合格率アップを目指しましょう。

 ・毎年出題されている、過去問で頻出される問題はないか。
 ・頻繁に出題される問題の周期は、1年置きか、2年置きか、3年置きか。
 ・久々に出題された問題があるが、同じような怪しい問題はないか。
 ・しばらく出題されていないが、気になる問題はないか。
このように、特化すべき重点問題を絞り込むことで、時間をかけずに、確実に合格点アップ、合格率アップに繋げることができます。

1級 建設機械施工管理 第二次検定 支援ツール
3,000 円(税込)

組合せ施工法の解答例と部品集、
施工管理法と建設機械施工法の出題分析と重要項目集

解答例と部品集、出題分析と重要項目集は、ダウンロードすれば、即使用できます。

お申込みはこちら ▶

1級 建設機械施工管理試験 2022年版

出題予想から試験対策の優先順位がハッキリわかる

 過去の出題傾向を徹底分析し、出題を予想しています。

 出題予想から何をやるべきか、試験対策の優先順位がハッキリわかります。

 「組合せ施工法の解答例と部品集」と「施工管理法と建設機械施工法の出題分析と重要項目集」を使用すれば、
短期間・最低限の努力で、建設機械施工管理試験に合格できます!

1級 第二次検定 組合せ施工法、施工管理法と建設機械施工法に対応。
たくさんの方々からご好評をいただいている、
1級 建設機械施工管理 第二次検定の支援ツールです。

利用していただいた方からは、
「お陰様で合格できました」というお礼のメールも届いています。

1級 建設機械施工管理 第二次検定 支援ツール
3,000 円(税込)

組合せ施工法の解答例と部品集、
施工管理法と建設機械施工法の出題分析と重要項目集

解答例と部品集、出題分析と重要項目集は、ダウンロードすれば、即使用できます。

お申込みはこちら ▶

タイトルとURLをコピーしました