1級 建築施工管理技士試験

 1級 建築施工管理技士試験 のページです。 

建築施工管理技士試験 2021年版

徹底分析により驚異の的中率を誇る予想問題と解答例

経験記述の支援ツール  3,000 円(税込)

経験記述問題の出題予想と解答例文

1級経験記述 ▼  2級経験記述 ▼

実地試験 これだけ項目集  2,000 円(税込)

第二次検定(実地試験)の出題傾向分析&重点項目集

1級 第二次検定 実地試験 ▼  2級 第二次検定 実地試験 ▼

学科試験 これだけ項目集  2,000 円(税込)

第一次検定(学科試験)の出題傾向分析&重点項目集

2級 一次検定 学科試験 ▼

1級・2級 経験記述問題、
第二次検定(実地試験)と第一次検定(学科試験)に対応。
3,000名以上が合格できた、建築施工管理試験の支援ツールです。

出題傾向分析と解答例文、重点項目集を、メールで送信しています。

お申込みはこちら ▶

1級 建築施工管理技士試験の
「経験記述」「第二次検定 実地試験」

2021年度から試験制度が変更になります。

合格者の呼び名が変わります。
・第一次検定合格者 → 1級〇〇施工管理技士補、2級〇〇施工管理技士補
・第二次検定合格者 → 1級〇〇施工管理技士、2級〇〇施工管理技士

学科と実地の試験名が変わります。
・学科試験 → 第一次検定
・実地試験 → 第二次検定

(例)1級建築施工管理技士試験の場合
第一次検定では、監理技術者補佐として、
 施工の管理方法に関する一般的な知識、施工の管理を適確に行うために必要な応用能力が問われます。

第二次検定では、監理技術者として、
 工事の施工管理を適確に行うために必要な知識、工事に必要な措置を適切に行うことができる応用能力、工事現場における施工計画や施工図を適正に作成できる応用能力が問われます。


試験は要領です。合格できる方法があります。

過去の出題傾向を徹底分析し、出題を予想しています。
だから、高い確率で予想的中することができるのです。

そして、本年の出題予想を考慮して作成した、

「経験記述の解答例」と「実地試験のこれだけ項目集」
使用すれば、確実に、合格点を獲る、準備ができます。

1級 建築施工管理技士試験の
「経験記述問題」「第二次検定 実地試験」

支援ツールのおすすめポイントを、少しだけ紹介します。

1級 経験記述の支援ツール ▼ 1級 実地試験のこれだけ項目集▼

建築施工管理技士試験 1級 経験記述の支援ツール

本年度の出題を予想し、合格点の獲れる解答例文を作成

施工経験記述の対策は、過去に自分が経験した工事を選び、施工管理項目ごとに、事前に十分な準備をして、解答文を作成しておく必要があります。そのため難易度が高く感じたり、勉強法で悩まれる方も多いでしょう。

  • そこで、試験日までに効率的な試験対策を行うため、本年度の出題を予想し、独自の現場情報に書き換えるだけで、合格点の獲れる、解答例文を作成しました。
  • 本年度に出題が予想される施工管理項目(テーマ)に沿った、
    合格点が獲れる「施工経験記述の解答例文」を、多数提供しています。

建築施工管理技士試験 1級 経験記述の出題予想

  • 近年の、1級建築施工管理技士試験の経験記述問題の出題は、
    合理化施工、品質管理、環境問題が、
    1年ごとに出題されています。
  • 「経験記述の出題傾向」を見れば、本年度の出題は容易に予想できます。

令和02年度(2020)の出題は「合理化施工」でした。
令和元年度(2019)の出題は「品質管理」でした。
平成30年度(2018)の出題は「環境問題」でした。

令和03年度(2021)の出題は、「環境問題」の出題が予想されます。
               「品質管理」の出題も予想されます。

建築施工管理技士試験 1級 経験記述の解答例

  • 「経験記述問題の解答例」を使用すれば、自分が経験した現場条件に変更するだけで、確実に合格点が獲れる経験記述の準備ができます。
  • 解答例文は、下記の内容で、合計39件、作成しています。
    品質管理 18件、合理化施工 12件、環境問題 9件。

解答例文は、次の内容で作成しています。

◇ 品質管理
・要求品質を実現するための品質管理活動
①工種、②要求品質、③重点品質管理目標、④目標達成する品質管理項目、
⑤品質管理項目を定めた理由、⑥管理した内容、実施した内容
・品質管理活動のあり方と効果
①現場での組織的な品質管理活動のあり方、
②組織的な品質管理活動により得られる効果
・協力業者へ伝達する手段や方法
①現場作業所の活動、②現場から社内関連部署への要請
・現場作業の軽減、工期の短縮
①工種、②実施した理由、③得られた副次的効果
・労働生産性の向上
①工種、②生産性向上のために取り組んだこと、③それにより得られた効果
・不具合の発生
①工種、②不具合が発生する要因、③不具合の発生を防止する方策

◇ 合理化施工
・合理化施工の事例
①工種、②目的と実施した内容、③合理化に結び付く理由、
④品質を確保できる理由
・建設資材廃棄物の縮減に効果がある合理化施工
①効果がある施工方法、②効果的であると考える理由
・工期短縮と省力化に効果がある合理化施工
①工期短縮の合理化施工、理由と効果、②省力化の合理化施工、理由と効果

◇ 環境問題
・副産物の発生抑制、再生利用、適正処分の対策
①建設副産物対策名、②工種名、③実施した内容、④結果と評価
・現場での環境問題への取り組み
①地球温暖化、②熱帯林の減少、③水質汚染

建築施工管理技士試験 1級 経験記述の解答例サンプル

  • このページに掲載している、サンプル解答文は、ほんの一部です。
    また、最新のものではありません。
  • すべての解答例は申込み後、ダウンロードしてご確認ください。

品質管理のサンプル解答文/品質管理

要求品質を実現するための品質管理活動

① 工種
左官工事
② 要求品質
タイル張り用モルタル下地の躯体面への接着力を確保する。
③ 重点品質管理目標
躯体面の表面処理を行ない、左官モルタルの剥離防止をすること。
④ 目標を達成する品質管理項目
超高圧洗浄面の密実度の確認。モルタル用プライマーの適正使用。
⑤ 品質管理項目を定めた理由
躯体表面が平滑であると左官モルタルの食込みが少なく接着強度が低くなり、異種材間にせん断力が発生するし、剥離、浮きの原因となる。また、プライマー配合が適正では無い場合、所定の接着力が発現しないためである。
⑥ 管理した内容、実施した内容
超高圧洗浄面の密実度を確認するため、グリッドチェッカーを使用し、面積当りの傷数量を計測した。左官モルタル施工時には、プライマーの配合比を確認し、秤で希釈水とプライマーを計量し使用することとした。

 

合理化施工/サンプル解答文

合理化施工の事例
① 工種
杭地業工事
② 目的と実施した内容
杭地業工事において、施工が梅雨時期に差し掛かることがわかった。PHC杭の施工日数短縮及び降雨対策のために、接合部の溶接工法を機械式接合工法に、監理者と協議し変更した。

③ 合理化に結び付く理由
従来の溶接工法では、溶接時間・パス間温度管理・溶接部非破壊検査を行うため、多くの時間を要する。機械式接合であれば、接合部にパーツを取り付け、ハイテンションボルトによる締め込みで完了し合理化できる。

④ 品質を確保できる理由
従来の溶接工法では、溶接技術に品質が左右されるが、機械式接合であれば、ハイテンションボルトによる軸力管理および接合パーツの適切な資材管理により、目視で容易に品質を確保することができる。


建築施工管理技士試験 1級 経験記述の部品集

建築施工管理技士試験、経験記述の部品集は、
 品質管理、合理化施工、環境保全、建設副産物の出題項目について、
 「留意事項」と「処置対策」に区分した部品集を多数準備しています。

  • 部品集から自身が体験した施工内容を選び、独自の現場情報を入れれば、経験記述の解答文の骨格が簡単に出来上がります。
  • この部品集は、大人気の対策ツールです。たくさんの方々からご好評をいただいています。

     経験記述の部品集のサンプルページは、 こちらへ

建築施工管理技士試験 1級 経験記述の出題傾向

  • 過去問題の出題傾向から出題予想分析し高い確率で予想的中させています。
  • ◎は、予想が的中したものです。
 品質管理 予想 R02 R01 H30 H29 H28 H27 H26 H25-
H16
 
 品質管理活動の実施 4
 品質管理活動のあり方 4
 協力会社への伝達方法 1
 作業軽減、工期短縮 〇臨
 労働生産性の向上 〇臨
 不具合の発生
 
 合理化施工 予想 R02 R01 H30 H29 H28 H27 H26 H25-
H19
 
 合理化施工の事例 3
   〃  と資材廃棄物削減 1
   〃  と工期短縮 2
 
 環境問題 予想 R02 R01 H30 H29 H28 H27 H26 H25-
H17
 
 建設副産物の発生抑制 3
   〃  再生利用 3
   〃  適正処分 3
   〃  再使用 2
   〃  熱回収 2
 現場での地球温暖化 3
   〃  熱帯林の減少 2
   〃  水質汚染 2
   〃  大気汚染 1
   〃  資源の枯渇 1
 
  • ページに掲載している出題傾向と出題予想のサンプルは、ほんの一部です。
    また、最新のものではありません。
  • 最新のすべての内容は、「経験記述の解答例」をお申込み後、
    ダウンロードして、ご確認ください。

 

経験記述の支援ツール  3,000 円(税込)

建築施工管理技士 1級経験記述 出題予想と解答例文

経験記述の出題予想と解答例文を、メールで送信しています。

お申込みはこちら ▶

建築施工管理技士試験 1級 第二次検定(実地試験)

1級建築施工管理 第二次検定 実地試験 これだけ項目集

試験勉強では過去問題を分析し、重要な部分を問題集などで実際に問題を解く勉強法が重要です。
「これだけ項目集」では、出題傾向を分析して、出題一覧表を作成しています。
どのような問題が、どれくらいの頻度で出題されているのか、一目瞭然です。
毎年出題される問題は、隔年・数年間隔で出題される問題は、頻度の多い出題は、近年人気の問題は、などを考慮し、特化すべき重点項目集を掲載しています。

出題傾向の分析と「これだけ項目集」を使用すれば、
絞り込んだ重点項目を覚えるだけで、試験日までに合格点が獲れる準備ができます。

これだけ項目集とは

  • 出題分析から重点項目を絞り込み、これだけ項目集を作成しています。
  • これだけ項目集では、出題年度・出題回数は、色を変えて記入しています。
  • 項目の重要度、覚える優先順位などが、ハッキリわかります。
  • Wordデータです。編集して、オリジナルの項目集、問題集が作成できます。
  • 数枚づつ印刷して、通勤中や業務の合間にも、効率的な勉強ができます。

1級建築施工管理 第二次検定 実地試験 項目集サンプル

これだけ項目集では、1級 実地試験で出題されるすべての、
次の出題分類について、重要項目集と出題傾向を作成しております。

1級実地試験は、
問題2 一般記述、問題3 躯体工事、
問題4 仕上げ工事、問題5 施工管理、問題6 法規。

オリジナルの重点項目集を作成しましょう。!!
・間違い探し問題の間違った文章は、正しい文章に直しています。
直した正しい文章は、太字にしています。
・出題年度は、色を変えて記入しています。
たくさんの色が付いている問題が、よく出る問題です。
・項目の重要度、覚える優先順位などが、ハッキリわかります。
・下記の出題傾向の分析表を参考にして、問題を絞り込めば、
オリジナルの重要項目集、問題集が作成でき、自由な勉強法で合格率アップ。
・数枚ずつ用紙に印刷すれば、通勤や業務の合間に、効率的で様々な勉強法に利用ができます。

  • このページに掲載している、サンプル解答文は、ほんの一部です。
    また、最新のものではありません。
  • すべての解答例は申込み後、ダウンロードしてご確認ください。

1級 実地試験 問題2 一般記述のサンプル

1建築 実地  H30-2  H28-2  H25-2-2  H21-2-3  H17-2-2
場内仮設道路
○複数の工事で共用できるような位置に計画する
○仮設道路の盛替えを少なくする為、長期間の工事に使用できる場所に計画する
○長期間の工事使用に耐えられるように転圧、表層処理などを行う
○仮設道路の位置を頻繁に変更する工種は、盛替えの容易な鉄板敷きの構造とする
○使用目的や使用頻度・走行頻度などを考慮した構造とする
○ストックヤードや待機スペースにも使用できるように計画する
○搬入出口の位置と資材置場を結んだ動線上に、仮設道路を計画する
○車両走行経路と作業員の通路が、交差しないように、仮設道路を計画する
○建設機械・重機の重さ・車幅等を確認し、さまざまな車両の通行を考慮して、
道路の位置と幅員を決定する

 

1級 実地試験 問題3 躯体工事 のサンプル

1建築 実地  H30-3-8  H28-3-7  H26-3  H24-3-8  H22-3
鉄骨のスタッド溶接部の検査
鉄骨工事におけるスタッド溶接部の15°打撃曲げ検査は、100本 又は主要部材1個ごとに溶接した本数の 少ない方 を1ロットとし、1ロットにつき 1本 行う。
検査の結果不合格になった場合は、同一ロットから更に2本のスタッドを検査し、2本とも合格の場合は、そのロットを合格とする。
これら2本のスタッドのうち1本以上が不合格となった場合は、その ロット全数 について検査する。

検査する 1本 をサンプリングする場合、1 ロットの中から全体より長いかあるいは短そうなもの、又は傾きの大きそうなものを選択する。
スタッドが傾いている場合の仕上がり高さは、軸の中心でその軸長を測定する。
検査の合否の判定は限界許容差により、スタッド溶接後の仕上がり高さは指定された寸法の ±2mm以内、かつ、スタッド溶接後の傾きは 5度以内 を適合とし、検査したスタッドが適合の場合は、そのロットを合格とする。

 

1級 実地試験 問題6 法規のサンプル

1建築 実地  H30-6-2  H28-6-2  H26-6-2  H22-6-2  H17-6-2
建設業法 24条の7-1 施工体制台帳及び施工体系図の作成等
特定建設業者は、発注者から直接建設工事を請け負った場合、
建設工事を施工するために締結した下請契約の請負代金の額が政令で定める金額以上になるときは、建設工事の適正な施工を確保するため、国土交通省令で定める
建設工事について、下請負人の商号、名称、下請負人に係る建設工事の内容、工期、その他の国土交通省令で定める事項を記載した施工体制台帳を作成し、工事現場ごとに備え置かなければならない。
 

1建築 実地  H24-6-2  H21-6-2  H18-6  H17-6
建設業法 26条の3-1 主任技術者及び監理技術者の職務等
主任技術者、監理技術者は、工事現場における建設工事を適正に実施するため、建設工事の施工計画の作成、工程管理、品質管理、その他の技術上の管理、建設工事の施工に従事する者の技術上の指導監督の職務を誠実に行わなければならない。

 

1級建築施工管理 第二次検定 実地試験 出題傾向の分析

難易度が高くても高得点を取る必要なし。時間をかけずに、確実に合格点、合格率アップを目指しましょう。!!
・毎年出題されている、過去問で頻出される問題はないか。
・頻繁に出題されている問題の周期は、1年置きか、2年置きか、3年置きか。
・久々に出題された問題があるが、同じような怪しい問題はないか。
・しばらく出題されていないが、気になる問題はないか。
このように、特化すべき重点問題を絞り込むことで合格率アップに繋がります。
試験日までの時間や難易度を考察し、計画性を持って合格を目指しましょう。

  • 過去問題の出題傾向から出題予想分析し高い確率で予想的中させています。
  • ◎は、予想が的中したものです。
 問題3 不適当な語句記入 予想 R02 H30 H28 H26 H24 H22 H20 H18
 
◇ 鉄筋工事
 ガス圧接の技量資格
 鉄筋のガス圧接
 鉄筋のガス圧接継手
 鉄筋相互のあき
 異形棒鋼の規格
 
◇ コンクリート工事
 暑中コンクリートの打設
 コンクリートポンプの打設
 レディーミクストコンクリート
 コンクリートの分離防止
 コンクリートポンプの打ち上げ
 フレッシュコンクリートスランプ
 フレッシュコンクリートの空気量
 
 問題4 仕上げ工事 予想 R01 H29 H27 H25 H23 H21 H19 H17
 
◇ 左官工事
 セルフレベリング材塗り
 仕上塗材の施工
 セメントモルタル塗り
 左官工事の吸水調整材
 
◇ 金属製建具工事
 ステンレス製建具の曲げ加工
 構造ガスケット構法
 防煙シャッターの取付け
 アルミ建具の取付け
 
  • 出題傾向と出題予想のサンプルは、ほんの一部です。
  • これだけ項目集では、1級 実地試験で出題される
    全ての出題分類について、出題傾向と出題予想を作成しています。
  • 全ての出題予想は申込み後、ダウンロードしてご確認ください。

 

実地試験のこれだけ項目集  2,000 円(税込)

1級建築施工管理 第二次検定 実地試験 出題分析&重点項目集

出題傾向分析と解答例文、重点項目集を、メールで送信しています。

お申込みはこちら ▶

建築施工管理技士試験の対策

建築施工管理技士試験の実地試験は、その名称から「実技試験」と混同されがちですが、試験会場で何か作業をするというわけではなく「論文形式」の試験です。実地試験は記述式での解答を求められるため、難易度が高く感じるかもしれません。このサイトでは解答案や解答の部品集を紹介・解説していますので、独学での合格を目指される方は参考に対策を行ってください。

余裕のあるスケジュールで学習を行うために、実地試験の勉強は学科試験の終了後、合格発表を待たずに、すぐに始めてしまいしょう。合格の発表日を待ってから勉強を始めると、業務のトラブルなどで試験日前に対策の時間が取れないことも予想されます。

建築施工管理技士の実地試験は学科試験と同様に過去問題を通しての勉強方法が鉄則です。特に、経験記述問題の試験対策が合格率を上げるポイントになります。テーマは「施工計画」や「品質管理」、「工程管理」の3つのうちどれかが出題される場合が多めです。解答例を参考に自分の経験にあった解答を事前に作成しておくことが重要です。

建築施工管理技士試験では、出題予想問題や過去問の解説テキストが多く販売されています。インターネットで検索すればと売れ筋のものや、おすすめのランキングなどを紹介するページがヒットしますので、それを参考に自分にあった勉強法を見つけてください。

願書の購入場所はインターネット販売もしくは、全国の販売場所の窓口にて入手することができます。準備に時間がかかるものも用意する必要があるため、早めに願書を入手し、余裕をもって準備を行えるようにしましょう。また、初めて受験の申し込みの際は、実務経験年数等の受験資格を満たしているかの審査が行われます。間違えた記入をしてしまうと受験自体が行えなくなってしまう可能性があるため、注意しましょう。

1級建築施工管理技士試験の勉強法と試験内容

大型の建設現場では、建築・土木・鋼構造物工など、ほとんどの業種の施工者が集まって、建設工事に携わります。これらの業者が勝手に工事を行っては建設がうまくいかず、統括的に束ねる施工管理者が必要です。その資格を有する統括監督者が、1級建築施工管理技士で、その資格を得る試験が、1級建築施工管理技士試験です。1級建築施工管理技士試験は、第一次検定試験(学科試験)と第二次検定試験(実地試験)があり、第一次検定が6月とすると合格後約半年後に第二次検定が行われます。試験を受験できる資格は、学校を卒業後ある期間実務を経験するか、2級試験合格後ある期間実務を積めば、受験資格が与えられます。

1級建築施工管理技士試験の第一次検定の合格率は、40%~50%と高く、難しい資格の割に合格率が高いのは、難易度が高いため十分勉強し、準備を整えて試験に臨むからでしょう。しかし、実地試験(第二次検定)の合格率は30%~40%で、難易度が上がります。

第二次検定は、6問題出され、試験時間は3時間です。すべて記述式で計算問題も含まれます。毎年の出題傾向はほとんど同じですが、もちろん試験内容は全て異なります。しかし、試験傾向が同じということは、第二次検定の勉強をする上で、どのような点に重点を当てて勉強を進めればよいか分かるため、勉強し易いとも言えます。勉強方法は、やはり過去問題を解くことで、同じような問題に対処できます。なお、合格する得点は60%以上で、問題1のような記述式の論文型式の場合は、採点者に分かり易く意図が伝わるような記述方法が、高得点に結びつくと言えます。勉強方法は過去問題を10年分くらい問題集の解答例を参考に、記述方式を含めて勉強し、分からない言葉なり計算や図は、参考書などを使って確実に理解することが大事です。

第二次検定の第1問は、現場での経験論文で、問題の対策としては、現場で行った留意事項や品質・安全・環境などの活動を毎日ノートにとって、記述するしながら整理することで、試験時に焦ることなく記述できます。第2問は、機械・安全器具・災害状況などテーマに沿った3つの語句の作業内容と対策を記述する問題です。日頃の仕事で接するものばかりなので、仕事で使うものに問題意識を持っているかどうかで、答えられるかが決まるでしょう。第3問は、色々な種類の施工管理に関し、誤ったものを選び訂正するもので、数字なども出るため、日ごろの施工管理状況を常にメモするなどの対策が有効でしょう。第4問は、施工管理の留意点に関して記述する問題で、建築施工管理で扱う工事がすべて対象と考えて対策を取ればよいでしょう。第5問は、工程表の問題でフローチャート、ガントチャートなど全ての工程表の基本と使い方を勉強し、現場での実際の使用方法を学ぶことが訓練になります。最後の第6問は、法律の問題です。法律は第一次検定でも出題されますので、過去問を多く勉強し、覚えることが対策になります。

 
 

タイトルとURLをコピーしました