2級 電気工事施工管理技士試験

 2級 電気工事施工管理技士試験 のページです。 

電気工事施工管理技士試験 2021年版

過去問の分析から、重点項目が絞り込まれている

経験記述の支援ツール  3,000 円(税込)

経験記述問題の出題予想と解答例文

1級経験記述 ▼  2級経験記述 ▼

実地試験 これだけ項目集  2,000 円(税込)

第二次検定(実地試験)の出題傾向分析&重点項目集

1級 第二次検定 実地試験 ▼  2級 第二次検定 実地試験 ▼

学科試験 これだけ項目集  2,000 円(税込)

第一次検定(学科試験)の出題傾向分析&重点項目集

2級 第一次検定 学科試験 ▼

1級・2級 経験記述問題、
第二次検定(実地試験)と第一次検定(学科試験)に対応。
2,000名以上が合格できた、電気工事施工管理試験の支援ツールです。

出題傾向分析と解答例文、重点項目集を、メールで送信しています。

お申込みはこちら ▶

2級 電気工事施工管理技士試験の「経験記述」
「第二次検定 実地試験」「第一次検定 学科試験」

2021年度から試験制度が変更になります。

合格者の呼び名が変わります。
・第一次検定合格者 → 1級〇〇施工管理技士補、2級〇〇施工管理技士補
・第二次検定合格者 → 1級〇〇施工管理技士、2級〇〇施工管理技士

学科と実地の試験名が変わります。
・学科試験 → 第一次検定
・実地試験 → 第二次検定

(例)1級建築施工管理技士試験の場合
第一次検定では、監理技術者補佐として、
 施工の管理方法に関する一般的な知識、施工の管理を適確に行うために必要な応用能力が問われます。

第二次検定では、監理技術者として、
 工事の施工管理を適確に行うために必要な知識、工事に必要な措置を適切に行うことができる応用能力、工事現場における施工計画や施工図を適正に作成できる応用能力が問われます。


試験は要領です。合格できる方法があります。

過去の出題傾向を徹底分析し、出題を予想しています。
 だから、高い確率で予想的中することができるのです。

そして、本年の出題予想を考慮して作成した、
 「経験記述の解答例」と「実地試験のこれだけ項目集」
 使用すれば、確実に、合格点を獲る、準備ができます。

2級 電気工事施工管理技士試験の「経験記述問題」
「第二次検定 実地試験「第一次検定 学科試験」

支援ツールのおすすめポイントを、少しだけ紹介します。

2級 経験記述の支援ツール ▼ 2級 実地試験のこれだけ項目集▼

    

2級 学科試験のこれだけ項目集▼

電気工事施工管理技士試験 2級 経験記述の支援ツール

本年度の出題を予想し、合格点の獲れる解答例文を作成

施工経験記述の対策は、過去に自分が経験した工事を選び、施工管理項目ごとに、事前に十分な準備をして、解答文を作成しておく必要があります。そのため難易度が高く感じたり、勉強法で悩まれる方も多いでしょう。

  • そこで、試験日効率的な試験対策を行うため、本年度の出題を予想し、独自の現場情報に書き換えるだけで、合格点の獲れる、解答例文を作成しました。
  • 本年度に出題が予想される施工管理項目(テーマ)に沿った、
    合格点が獲れる「施工経験記述の解答例文」を、多数提供しています。

電気工事施工管理技士試験 2級 経験記述の出題予想

  • 近年の、2級電気工事施工管理技士試験、経験記述問題の出題は、
    工程管理と、安全管理が、1年おきに、
    出題されています。
  • 「経験記述の出題傾向」を見れば、本年度の出題は容易に予想できます。

 令和02年度(2020)の出題は、「工程管理」でした。
 令和元年度(2019)の出題は、「安全管理」でした。

  • 令和03年度(2021)の出題は、「安全管理」が予想されます。

 工程管理、安全管理について、しっかりと準備して、臨んでください。

電気工事施工管理技士試験 2級 経験記述の解答例

  • 「経験記述問題の解答例」を使用すれば、自分が経験した現場条件に変更するだけで、確実に合格点が獲れる経験記述の準備ができます。
  • 解答例文は、下記の内容で、合計24件、作成しています。
    安全管理 18件、工程管理 6件。

解答例文は、次の内容で作成しています。

安全管理(感電災害、墜落・飛来落下災害)
 ① 危険性を予測した事項と理由  ② その対策

工程管理
 ① 工程上の問題と理由  ② その対策

電気工事施工管理技士試験 2級 経験記述の解答例サンプル

  • このページに掲載している、サンプル解答文は、ほんの一部です。
    また、最新のものではありません。
  • すべての解答例は申込み後、ダウンロードしてご確認ください。

安全管理(墜落・飛来落下災害)/サンプル解答文

① 危険性を予測した事項と理由
 ケーブルラック取付用足場にて、昇降中・作業中・移動中に、墜落・飛来落下災害の発生が予測されたため。

② その対策
1.作業前に有資格者による足場の点検を行い、点検リストに記録・表示させた。
2.高所での作業には事前に安全帯の点検を行い、着用・使用を厳守させた。また、単独作業は禁止し、互いに見守ることで墜落防止を図った。
3.垂直昇降箇所(タラップ設置)には、ロリップを設けて昇降時に使用させた。ロリップの取付位置は、着用した安全帯より高い位置とした。
4.垂直昇降時には三点支持にて昇降し、部品工具等は工具袋に入れて、昇降後にロープ等で引き上げるように徹底させた。
5.足場上部では、常に手摺に安全帯のフックを掛けさせて作業し移動をさせた。


工程管理/サンプル解答文

① 工程上の問題と理由
 受注生産品のケーブル納入が遅れると、ケーブル布設工程に遅れが生じ、以降の結線・端末処理・配線チェックの作業工程に影響を与えることが予測されたため。

② その対策
1.受注生産のケーブルは納入仕様書返却後に生産が開始され、通常3ヶ月程度の納期が必要となる。全体工程表にて納入時期を想定し、提出・返却期間、工程調整期間に余裕を確保して逆算した日付で納入仕様書を用意・提出を行った。
2.受注生産品については、メーカーのケーブル製造ライン能力により最低条長が決まっているので、メーカー担当者に確認を行い発注した。
3.単価の高いケーブルは実測するのが望ましいが、受注生産品については納期が間に合わないので施工図により算出し、余長を見込んで発注した。


電気工事施工管理技士試験 2級 経験記述の部品集

 電気工事施工管理技士試験、経験記述の部品集は、
 安全管理、工程管理、品質管理の出題項目について、
 「留意事項と理由」と「その対策」に区分した部品集を多数準備しています。

  • 部品集から自身が体験した施工内容を選び、独自の現場情報を入れれば、
    経験記述の解答文の骨格が簡単に出来上がります。
  • この部品集は、大人気の対策ツールです。たくさんの方々からご好評をいただいています。

     経験記述の部品集のサンプルページは、 こちらへ

電気工事施工管理技士試験 2級 経験記述の出題傾向

  • 過去問題の出題傾向から出題予想分析し高い確率で予想的中させています。
  • ◎は、予想が的中したものです。
出題項目 予想 R02 R01 H30 H29 H28 H27 H26 H25-
H17
 
 工程管理   3
 安全管理   6
 
  • ページに掲載している出題傾向と出題予想のサンプルは、ほんの一部です。
    また、最新のものではありません。
  • 最新のすべての内容は、「経験記述の解答例」をお申込み後、
    ダウンロードして、ご確認ください。


経験記述の支援ツール  3,000 円(税込)

電気工事施工管理技士 2級経験記述 出題予想と解答例

経験記述の出題予想と解答例文を、メールで送信しています。

お申込みはこちら ▶

電気工事施工管理技士試験 2級 第二次検定(実地試験)

2級電気工事施工管理 第二次検定 実地試験 これだけ項目集

試験勉強では過去問題を分析し、重要な部分を問題集などで実際に問題を解く勉強法が重要です。
「これだけ項目集」では、出題傾向を分析して、出題一覧表を作成しています。
どのような問題が、どれくらいの頻度で出題されているのか、一目瞭然です。
毎年出題される問題は、隔年・数年間隔で出題される問題は、頻度の多い出題は、近年人気の問題は、などを考慮し、特化すべき重点問題を掲載しています。

 出題傾向の分析と「これだけ項目集」を使用すれば、
 絞り込んだ重点項目を覚えるだけで、試験日までに合格点が獲れる準備ができます。

これだけ項目集とは

  • 出題分析から重点項目を絞り込み、これだけ項目集を作成しています。
  • これだけ項目集では、出題年度・出題回数は、色を変えて記入しています。
  • 項目の重要度、覚える優先順位などが、ハッキリわかります。
  • Wordデータです。編集して、オリジナルの項目集、問題集が作成できます。
  • 数枚づつ印刷して、通勤中や業務の合間にも、効率的な勉強ができます。

2級電気工事施工管理 第二次検定 実地試験 項目集サンプル

 これだけ項目集では、2級 実地試験で出題されるすべての、
 次の出題分類について、重要項目集と出題傾向を作成しております。

2級実地試験は、
問題2-1 語句記述、問題2-2 単線結線図、問題3 ネットワーク工程表、
問題4 施工管理法、問題5 法規。

オリジナルの重点項目集を作成しましょう。!!
・間違い探し問題の間違った文章は、正しい文章に直しています。
直した正しい文章は、太字にしています。
・出題年度は、色を変えて記入しています。
たくさんの色が付いている問題が、よく出る問題です。
・項目の重要度、覚える優先順位などが、ハッキリわかります。
・下記の出題傾向の分析表を参考にして、問題を絞り込めば、
オリジナルの重要項目集、問題集が作成でき、自由な勉強法で合格率アップ。
・数枚ずつ用紙に印刷すれば、通勤や業務の合間に、効率的で様々な勉強法に利用ができます。

  • このページに掲載している、サンプル解答文は、ほんの一部です。
    また、最新のものではありません。
  • すべての解答例は申込み後、ダウンロードしてご確認ください。

2級 実地試験 問題5 法規のサンプル

2電気 実地  H28-5-1  H25-5-1  H23-5-1  H20-5-1  H18-5-1
建設業法 24条の2 下請負人の意見の聴取
元請負人は、その請け負った建設工事を施工するために必要な工程の細目、作業方法、その他元請負人において定めるべき事項を定めようとするときは、あらかじめ、下請負人の意見をきかなければならない


2電気 実地  H29-5-1  H26-5-1  H22-5-1  H20-5-1  H18-5-1
建設業法 24条の3-2 下請代金の支払
元請負人は、前払金の支払を受けたときは、下請負人に対して、資材の購入、労働者の募集、その他建設工事の着手に必要な費用を前払金として、支払うよう適切な配慮をしなければならない。


2電気 実地  H27-5-1  H25-5-1  H23-5-1  H20-5-1  H19-5-1
建設業法 26条の3-1 主任技術者及び監理技術者の職務等
主任技術者、監理技術者は、工事現場における建設工事を適正に実施するため、建設工事の施工計画の作成、工程管理、品質管理、その他の技術上の管理、建設工事の施工に従事する者の技術上の指導監督の職務を誠実に行わなければならない。


2級電気工事施工管理 第二次検定 実地試験 出題傾向の分析

難易度が高くても高得点を取る必要なし。時間をかけずに、確実に合格点、合格率アップを目指しましょう。!!
・毎年出題されている、過去問で頻出される問題はないか。
・頻繁に出題されている問題の周期は、1年置きか、2年置きか、3年置きか。
・久々に出題された問題があるが、同じような怪しい問題はないか。
・しはらく出題されていないが、気になる問題はないか。
このように、特化すべき重点問題を絞り込むことで合格率アップに繋がります。
試験日までの時間や難易度を考察し、計画性を持って合格を目指しましょう。

  • 過去の問題出題傾向から出題予想分析し高い確率で予想的中させています。
  • ◎は、予想が的中したものです。

問題2-1 語句記述 予想 R02 R01 H30 H29 H28 H27 H26 H25-
H17
 
◇ 安全管理
 安全施工サイクル 1
 ツールボックスミーティング 2
 安全パトロール 3
 KYK (危険予知活動) 2
 ヒヤリハット運動 2
 4S運動 2
 新規入場者教育 1
 高所作業車での作業 1
 移動式クレーンでの作業
 脚立作業の危険防止 2
 電動工具の使用 1
 墜落災害の防止対策
 飛来落下災害の防止
 感電災害の防止対策
 
◇ 施工管理
 電動機への配管配線接続 2
 露出配管・電線管の施工 3
 低圧ケーブルの敷設
 二種金属製線ぴ・レースウェイ 1
 電線相互の接続 2
 ケーブルの施工 3
 ケーブルラックの施工
 機器の取付け 3
 分電盤の取付け
 盤への電線の接続 4
 機器の搬入 2
 材料の受入検査 3
 機械・工具の取扱い 2
 
  • 出題傾向と出題予想のサンプルは、ほんの一部です。
  • これだけ項目集では、2級 実地試験で出題される
    全ての出題分類について、出題傾向と出題予想を作成しています。
  • 全ての出題予想は申込み後、ダウンロードしてご確認ください。


実地試験のこれだけ項目集  2,000 円(税込)

2級電気工事施工管理技士 第二次検定 実地試験 出題分析&重点項目集

出題傾向分析と解答例文、重点項目集を、メールで送信しています。

お申込みはこちら ▶

電気工事施工管理技士試験 2級 第一次検定(学科試験)

2級電気工事施工管理 第一次検定 学科試験 これだけ項目集

試験勉強では過去問題を分析し、重要な部分を問題集などで実際に問題を解く勉強法が重要です。
「これだけ項目集」では、出題傾向を分析して、出題一覧表を作成しています。
どのような問題が、どれくらいの頻度で出題されているのか、一目瞭然です。
毎年出題される問題は、隔年・数年間隔で出題される問題は、頻度の多い出題は、近年人気の問題は、などを考慮し、特化すべき重点問題を掲載しています。

 出題傾向の分析と「これだけ項目集」を使用すれば、
 絞り込んだ重点項目を覚えるだけで、試験日までに合格点が獲れる準備ができます。

これだけ項目集とは

  • 出題分析から重点項目を絞り込み、これだけ項目集を作成しています。
  • これだけ項目集では、出題年度・出題回数は、色を変えて記入しています。
  • 項目の重要度、覚える優先順位などが、ハッキリわかります。
  • Wordデータです。編集して、オリジナルの項目集、問題集が作成できます。
  • 数枚づつ印刷して、通勤中や業務の合間にも、効率的な勉強ができます。

2級電気工事施工管理 第一次検定 学科試験 項目集サンプル

 これだけ項目集では、2級電気 学科試験で出題されるすべての、
 次の出題分類について、重要項目集と出題傾向を作成しております。

2級電気 学科試験は、平成30年度以降、次の内容で出題されます。
電気工学 No.01~No.12、電気設備 No.13~No.32、
関連分野 No.33~No.39、
施工管理法 No.40~No.52、法規 No.53~No.64。

オリジナルの重点項目集を作成しましょう。!!
・間違い探し問題の間違った文章は、正しい文章に直しています。
 直した正しい文章は、太字にしています。
・出題年度は、色を変えて記入しています。
 たくさんの色が付いている問題が、よく出る問題です。
・項目の重要度、覚える優先順位などが、ハッキリわかります。
・下記の出題傾向の分析表を参考にして、問題を絞り込めば、
オリジナルの重要項目集、問題集が作成でき、自由な勉強法で合格率アップ。
・数枚ずつ用紙に印刷すれば、通勤や業務の合間に、効率的で様々な勉強法に利用ができます。

  • このページに掲載している、サンプル解答文は、ほんの一部です。
    また、最新のものではありません。
  • すべての解答例は申込み後、ダウンロードしてご確認ください。

2級電気工事 学科試験 電気設備 No.13~No.32 のサンプル

2電気 学科  H30-14  H29-14  H25-14  H23-14  H22-14
変圧器の冷却方式(変電設備)

 油入自然循環式
  ・油入自冷式 … 変圧器内部の絶縁油の自然対流によって、鉄心及び巻線に
           発生した熱を外箱に伝え、外箱からの放射と空気の
           自然対流により、熱を外気に拡散させる方式。
  ・油入風冷式 … 油入自冷式の放熱器を送風機に変えて強制的に通風する。

 油入強制循環式
  ・送油自冷式 … 放熱器に絶縁油をポンプにより強制循環させ、
           空気の自然対流により、熱を外気に拡散させる。
  ・送油風冷式 … 冷却管に絶縁油をポンプで強制循環させ、
           冷却管を送風機で冷却する。


2電気 学科  H30後-17  H30前-17  H28-17  H25-17  H22-17
架空送電線路のねん架(送配電設備)

(目的)
 各相の作用インダクタンスと作用静電容量を平衡させる。
(理由)
 架空送電線の各相の電線は、電線相互の間と地面に対し対称に配列されていないため、各相の作用インダクタンスと作用静電容量が不平衡なっていて、地絡保護に支障を与え、近くの通信線に誘導障害を生じさせる。


2級電気工事 学科試験 施工管理法 No.40~No.52 の サンプル

2電気 学科  H30後-41  H30前-41  H28-41  H24-41  H23-41
高圧架空配電線路の施工(工事施工)

 電線接続部の絶縁処理には、絶縁電線と同等以上の絶縁効果を有する絶縁カバーを使用した。
 高圧電線は、圧縮スリーブを使用して接続した。
 延線した高圧電線は、張線器で引張り、たるみを調整した。
 高圧電線の引留支持用には、高圧耐張がいしを使用した。
 支線が断線したとき地表上2.5m以上となる位置に、玉がいしを取付けた。
 長さ15mのA種コンクリート柱の根入れの深さを、2.5mとした。
 支線の埋設部分には、打込み式アンカを使用した。
 柱上変圧器の過負荷保護の為、変圧器一次側に高圧カットアウトを取り付けた。
 接地線は、地下75㎝から地上2mまでの部分を、合成樹脂管で保護した。


2電気 学科  H30後-43  H30前-43  H28-43  H25-43  H22-43
パンタグラフの離線防止(工事施工)

 トロリ線の波動伝播速度を向上させる。
 トロリ線の接続箇所を少なくする。
 トロリ線の勾配変化を少なくする。
 トロリ線の架線金具を軽くする。
 トロリ線の硬点を除去する。
 トロリ線の架線張力を適正に保持する。


2級電気工事施工管理 第一次検定 学科試験 出題傾向の分析

難易度が高くても高得点を取る必要なし。時間をかけずに、確実に合格点、合格率アップを目指しましょう。!!
・毎年出題されている、過去問で頻出される問題はないか。
・頻繁に出題されている問題の周期は、1年置きか、2年置きか、3年置きか。
・久々に出題された問題があるが、同じような怪しい問題はないか。
・しはらく出題されていないが、気になる問題はないか。
このように、特化すべき重点問題を絞り込むことで合格率アップに繋がります。
試験日までの時間や難易度を考察し、計画性を持って合格を目指しましょう。

  • 過去問題の出題傾向から出題予想分析し高い確率で予想的中させています。
  • ◎は、予想が的中したものです。

電気設備 No.13~No.32 予想 R02 R01
後期
R01
前期
H30
後期
H30
前期
H29 H28 H27-
H22
 
◇ 送配電設備
 保護継電システム 1
 負荷率計算 1
 過電流継電器 OCR 1
 過電流継電器の限時特性 2
 架空電線付属品 2
 架空送電線のたるみ 2
 電線の種類と主な用途の組合せ
 電力用電線記号 2
 充電電流の式
 がいしの種類 3
 送電線路の線路定数
 
◇ 構内電気設備
 高圧限流ヒューズの特徴 2
 限流ヒューズ高圧交流負荷開閉器
 高圧限流ヒューズの種類 1
 電力設備の自主検査 1
 据置鉛蓄電池 3
 外部雷保護システム 1
 A種設置工事 1
 地中電線路 3
 対地電圧の計算
 低圧屋内配線の工事 2
 
  • 出題傾向と出題予想のサンプルは、ほんの一部です。
  • これだけ項目集では、2級 学科試験で出題される
    全ての出題分類について、出題傾向と出題予想を作成しています。
  • 全ての出題予想は申込み後、ダウンロードしてご確認ください。


学科試験のこれだけ項目集  2,000 円(税込)

2級電気工事施工管理技士 第一次検定 学科試験 出題分析&重点項目集

出題傾向分析と解答例文、重点項目集を、メールで送信しています。

お申込みはこちら ▶

2級電気工事施工管理技士試験の勉強法と試験内容

建設工事(一般建設業)では、変電所電気設備の設置のような電気工事に関して経験を有する専任技術者の設置が、建設工事の認可条件になります。一般建設業の元で、電気の主任技術者を務めるのが2級電気工事施工管理技士で、その資格を取る国家試験が、2級電気工事施工管理技士試験です。

2級電気工事施工管理技士試験には、第一次検定(学科試験)と第二次検定(実地試験)があり、両方に合格すると2級電気工事施工管理技士の資格を得ます。第一次検定の受験資格は、学校を出てから一定期間の実務経験を経れば、誰でも受験できます。試験のスケジュールは、6月に第一次検定が行われ、合格すれば10月に第二次検定を受験できます。しかし、第一次検定を合格してから、第二次検定の準備を始めても、受かる可能性は極めて低いでしょう。少なくとも、2級電気工事施工管理技士試験の申し込みをした時点から、第一次検定の準備と第二次検定の準備も始める必要があり、試験の合格率からもそう言えます。

2級電気工事施工管理技士試験の合格率は、ここ5年の平均で、第一次検定では60%、第二次検定では40%となっています。

第一次検定の内容は、6パートに問題が分かれて全64問中40問を選択し、解答します。パート1の12問は電気基礎で8問選択、パート2の20問は電気応用の発電などで11問選択、パート3の6問は機械や土木問題で3問選択、パート4の1問は必須で電気記号問題、パート5の13問は施工・工程・品質・電気規定など9問選択、パート6の12問は法規問題で8問選択です。第一次検定は過去問の繰り返しが多く、10年程度分の過去問題集を使い、繰り返し勉強し、参考書を使い関連事項も調べて覚えれば、第一次検定は合格することが可能でしょう。

第二次検定は、2時間で必須問題5問題です。第二次検定の第1問は、経験した電気工事についての論文型式の記述問題で、現場で体験した電気工事について、留意したことを挙げ、理由と対策・処置を記述する問題です。「安全管理」と「工程管理+品質管理」が、隔年で出題されています。

問題2はいくつかの安全上の言葉や電気施工上の言葉から、2つを選んで留意事項を記述する問題と、単線結線図などから名称や機能を記述する問題です。問題3は、ネットワーク工程表の問題です。問題4は、電気工事用語から2つを選び技術的内容を記述する問題です。この問題は、どこまで深く知っているかが問われます。問題5は、法規の問題で、文中の言葉の適・不適の判断と不適を正しい言葉への置き換えを求める問題です。

第二次検定の問題の5つのパターンは毎年決まっていますが、内容が異なるため、過去問題集や参考書を通して、どれだけ知識を伸ばせるかが合格のポイントです。また、記述式問題であるため、減点の対象とならないように、正確な言葉と、漢字を使いこなせるようにしておく必要があります。




タイトルとURLをコピーしました