【2022年版】出題予想と解答例 1級 建設機械施工管理 第二次検定

1級 建設機械施工管理試験 2022年版

最低限の努力で合格点が獲れる教材

徹底分析により驚異の的中率を誇る出題予想と解答例

1級 建設機械施工管理 第二次検定 支援ツール
3,000 円(税込)

組合せ施工法の解答例と部品集、
施工管理法と建設機械施工法の出題分析と重要項目集

支援ツールを紹介するページは、このボタンからお進みください。

1級 建設機械施工管理 第二次検定 ▼

解答例と部品集、出題分析と重要項目集は、ダウンロードすれば、即使用できます。

お申込みはこちら ▶

1級 建設機械施工管理技士試験 2022年版
第二次検定の支援ツール

試験は要領です。合格できる方法があります。

   過去の出題傾向を徹底分析し、出題を予想しています。
   だから、高い確率で予想的中することができるのです。

   そして、本年の出題予想を考慮して作成した、
   「経験記述の解答例」と「実地試験のこれだけ項目集」
   使用すれば、確実に、合格点を獲る、準備ができます。

1級建設機械施工管理技士試験の「組合せ施工法の解答例と部品集」
「施工管理法と建設機械施工法の出題分析と重要項目集」

支援ツールのおすすめポイントを、少しだけ紹介します。

1級 建設機械施工管理 第二次検定 ▼

1級 建設機械施工管理試験 組合せ施工法の解答例と部品集

組合せ施工法の記述問題の出題傾向 1級 建設機械施工管理

1級建設機械施工管理試験、組合せ施工法の記述問題は、次の内容で出題されています。

【問題1】
  建設機械を使用して施工した工事につて、各項目の記述
  (1) あなたの立場又は職務
  (2) 主な工種、工事概要
  (3) 主な建設機械の名称(複数可)
  (4) 工事で使用した主な建設機械につて、各項目の記述
    ・建設機械の名称、特徴又は諸元
    ・建設機械の使用目的、作業内容
    ・その建設機械が選定された理由
  (5) 工事の施工管理で、特に留意したことの記述(次のいずれか)
    ・工程管理(作業効率の向上)
    ・品質管理(出来形管理)
    ・環境対策

【問題2】
  複数の機械を組み合せて使用する場合、特に重要と考えることの記述
    ・安全管理

組合せ施工法の記述問題の解答例 1級 建設機械施工管理

1級建設機械施工管理試験、組合せ施工法の記述問題の解答例は、次の内容のものを作成しています。

1-1 あなたの立場又は職務
1-2 主な工種、工事概要
1-3 主な建設機械の名称
1-4 工事で使用した主な建設機械
  1-4-1 建設機械の名称と、特徴又は諸元
  1-4-2 建設機械の使用目的、作業内容
  1-4-3 建設機械が選定された理由
1-5 工程管理(作業効率の向上)で特に留意したこと
1-5 品質管理(出来形管理)で特に留意したこと
1-5 環境対策で特に留意したこと
2-1 安全管理で特に重要と考えること

  • このページに掲載している、サンプル解答文は、ほんの一部です。
    また、最新のものではありません。
  • すべての解答例は申込み後、ダウンロードしてご確認ください。

「1-2 主な工種、工事概要」の解答例 組合せ施工法

〔主な工種〕

 土工、     安定処理工、  法面工、     排水構造物工、 
 基礎工、    仮設工、    河川砂防工事、  地すべり防止工、
 道路改良工、  道路舗装工、  道路付属施設工、 橋梁架設工、
 トンネル工事、 下水道工事、  公園工事、    電線共同溝工事、
 擁壁工、    コンクリート工、

〔工事概要種〕

① 「主な工種」に記入した工種の施工量を記入する。
② 土量、打設コンクリート量、下水管の径と長さなど具体的な施工量を記入する。

主な工種 : 土工、コンクリート工
施工量  : 掘削土量 70,000m3、コンクリート打設量 6,000m3

主な工種 : 道路土工、舗装工
施工量  : 掘削工 5,500m3、盛土工 17,000m3、AS舗装工 25,000m2

主な工種 : 浅層安定処理工
施工量  : 延長100m、幅40m、厚さ1.5m、改良土量 6,OOOm3、
      安定材添加量 100kg/m3

主な工種 : コンクリート工、鋼管矢板工
施工量  : コンクリート打設量 1,400m3、鋼管矢板 φ1000mm H=20m 40本

主な工種 : ボックスカルバート敷設工、仮設工、土工
施工量  : ボックスカルバート敷設 300m、鋼矢板打設 Ⅲ型10m 2,000枚、
      覆工板設置 2,000m2、残土処理 5,500m3

「1-4 工事で使用した主な建設機械」の解答例 組合せ施工法

◇ トラクタ系 建設機械

 ブルドーザ  排出ガス対策型、32t級
 土砂の掘削、押土、整地のために使用した。
  ・掘削押土距離が60m以内で比較的短かったため、運搬距離を考慮して
   ブルドーザを選定した。

ブルドーザ  排出ガス対策型、32t級、アングルドーザ装着
 道路の片切、盛こぼし作業に使用した。
  ・操作室から自由に角度を変える事が出来るパワーアングルドーザを選定した。

ブルドーザ  排出ガス対策型、32t級、リッパ装着
 軟岩の掘削、押土の作業に使用した。
  ・アタッチメントを取付けることで、岩石やコンクリート、アスファルトを破砕
   する機能を持つ、リッパ装着のブルドーザを選定した。
  ・地山の弾性波速度から、リッパビリティを考慮して、リッパ装着のブルドーザ
   を選定するとともに、ブルドーザの規格およびリッパの爪数を決定した。
  ・斜面の最大勾配は25度程度であったため、リッパ装着のブルドーザを選定し、
   傾斜面の下り勾配を利用し掘削運搬するダウンヒルカット工法を採用した。

スクレーパ  被けん引式、自走式
 掘削・積込・運搬・敷均しの一連の土工作業に使用した。
  ・大規模な土工事で、搬土距離が長く、積込時間を短縮する必要があった
   ため、スクレーパを選定した。
  ・湿地帯を連続走行する必要があったため、コーン指数、建設機械の接地圧
   からトラフィカビリティを考慮して、自走式のスクレーパを選定した。
  ・土砂の運搬距離が300m程度、勾配が20%程度であったため、作業効率を
   考慮して、被けん引式のスクレーパを選定した。
  ・土砂の運搬距離が1km以上、勾配が10%以下であったため、作業効率を
   考慮して、自走式のスクレーパを選定した。

◇ ショベル系 建設機械

バックホウ  油圧式ブレーカ装着
 軟岩、きれつの多い岩石、岩塊の小割、舗装路盤の破砕の作業に使用した。
  ・掘削量が多く時間当たり掘削規模が大きかったため、油圧式ブレーカ装着の
   バックホウを選定し、階段式に掘削を行うベンチカット工法を採用した。

バックホウ  クローラ型、排出ガス対策型(第1次基準値)、0.45m3級
 排水構造物工の機械併用掘削の作業に使用した。
  ・掘削幅1.2m≦B<1.7m、掘削深2.6m<H≦3.3mであったため、
   規定により、バックホウ 0.45m3級を選定した。
  ・平均施工幅が1m以上2m未満であったため、工事量、工期、現場条件を
   考慮して、バックホウ 0.45m3級を選定した。

◇ 岩掘削作業

ブレーカ
 岩盤の掘削、岩石の小割、コンクリートの破砕などに使用した。
  ・掘削量が多く時間当たり掘削規模が大きかったため、バックホウの油圧式
   ブレーカ装着を選定し、階段式に掘削を行うベンチカット工法を採用した。

レッグドリル
 鉱山、トンネル掘削、ダム工事などの水平せん孔作業に使用した。
  ・打撃機構と回転機構をもった小型さく岩機が必要であったため、レッグドリル
   を選定した。

リッパドーザ
 岩盤の掘削の作業に使用した。
  ・岩の堅さを弾性波速度で判定し、2000m/秒以下の固さであったため、
   発破工法は採用せず、リッパドーザを選定した。

◇ 運搬作業

ダンプトラック  4tダンプ、8tダンプ、10tダンプ
 掘削作業で発生する土砂や岩塊、破砕物の運搬に使用した。
  ・土砂の運搬距離が1km以上、勾配が10%以下であったため、作業効率を
   考慮して、ダンプトラックを選定した。
  ・運搬距離、運搬路の勾配や幅員、掘削積込み地点の作業場の面積などを
   考慮して、運搬機械はダンプトラックを選定した。

不整地運搬車  排出ガス対策型、全旋回式
 掘削土砂の積出し、長尺物の建設資材の運搬に使用した。
  ・軟弱地盤帯の走行で、燃料消費量の低減、CO2排出量の削減が求められた
   ため、排出ガス対策型、全旋回式の不整地運搬車を選定した。

「1-5 工程管理で特に留意したこと」の解答例 組合せ施工法

◇ 土工

 切土や残土搬出をスムーズに進める、土工の運搬計画が求められたため、ダンプトラックを00台追加して00台、バックホウを00台追加して00台として、ダンプトラック00往復、1サイクル00分とすることで、000m3/日を運搬する工程に組み替えた。

 降雨により、切土、残土搬出など、土工の工程への影響が予想されたため、ダンプトラックの台数を00台から00台に増やした。また、現場付近の空地を借用し、新たな資材・骨材仮置場として、ダンプトラックの運搬時間を短縮した。

 人力施工でなく、バックホウ等の大型機械による施工の必要があったため、作業可能日数からバックホウの日当たりの残土搬出量を算出して、搬出方法を立案した。

 地下水位が高く、軟弱な地盤であったため、ダンプトラックのトラフィカビリティーを確保するため、栗石とクラッシャーランを敷き転圧を行うことで、残土搬出時間を短縮した。

◇ 掘削

土中に多くの玉砂利が存在しため、掘削が困難になり工期遅れが懸念されたため、ダンプトラック1台の運搬タイムサイクルを1分短縮させ、1日当りの搬出量を1.5倍に増大させた。

◇ 運搬・搬入出

 現場は4tダンプトラックしか出入できず、一日の残土搬出量が限定されたため、搬入ヤードと残土の搬出ヤードを南北に分けることで、日進量の向上を図った。

 バックホウによる積込に、相当量の日数を要することが予測されたため、鉄板を敷き直して、運搬車の走行速度を上げることで、作業能率を向上させた。

 搬出土砂の工程は、掘削土量0,000m3、土砂運搬距離10km、ダンプトラック13台で2往復、1サイクル1分で000m3/日を、00日間で運搬する計画であった。搬出作業を計画通りに行うため、車輛の運搬路には、鉄板を敷き直し、待機場所を設置した。また、各種作業間の調整や出入り可能な搬出入ルートの確認作業を行った。

 残土搬出に使用する25tクレーンは、県道に設置して作業する必要があったため、搬出車両を当初の10tダンプから32t級の大型ダンプに使用変更し、ダンプワークを向上させた。

「2-1 品質管理で特に重要と考えること」の解答例 組合せ施工法

◇ コンクリート工

打設方法はポンプ圧送であり、圧送距離が000mと長く、圧送後のコンクリートの品質低下や配管内の閉塞が懸念されたため、攪拌機能があるトラックミキサ車とトラックアジテータを用いて運搬を行った。

◇ 舗装工

舗装時間帯は、アスファルト合材の温度を維持するため、アスファルトフィニッシャのスクリードを加熱し、敷均し後、直ちにロードローラーで転圧を行った。

「2-1 安全管理で特に重要と考えること」の解答例 組合せ施工法

◇ 車両事故の防止

 建設機械として、バッテリー機関車、シールドマシンなど、複数の建設機械を組み合せの安全性が求められたため、バッテリー機関車に、前照灯、後押し回転灯を取付け、運転時に自動点灯させた。また、バッテリー機関車を改造し、制限速度を00㎞/hに規制することが重要な安全対策であると考えた。

 複数の建設機械を組み合せの作業が多く、土砂搬入車両の横転等の危険性が懸念されたため、高盛土や路肩の走行は避け、路体を均一に盛立てることで、重機走行の安全性に配慮することが最も重要であると考えた。

 複数の建設機械を組み合せ行う工事において、安全でスームズな土砂搬出作業を実施し、事故の防止、作業の安全性を確保するため、掘削土砂搬出および資機材の搬出入の開口以外は、墜落防止ネットを張ることが重要な安全対策であると考えた。

 現場は未舗装であり、クレーン設置面の支持力不足による傾斜転倒等が懸念された。また、複数の建設機械を組み合せの作業が多かったため、作業半径の境界にローブを張り、立入禁止区域を明確にすることが重要であると考えた。

◇ 交通事故・接触事故の防止

複数の建設機械を組み合せて作業する現場では、第三者災害、特に交通事故に留意する必要があったため、交通側との境界に安全棚を設置して、作業区域と完全に分離し、接触事故を防止することが最も重要であると考えた。

1級 建設機械施工管理 第二次検定 支援ツール
3,000 円(税込)

組合せ施工法の解答例と部品集、
施工管理法と建設機械施工法の出題分析と重要項目集

解答例と部品集、出題分析と重要項目集は、ダウンロードすれば、即使用できます。

お申込みはこちら ▶

1級 建設機械施工管理技士試験 施工管理法と建設機械施工法の出題分析と重要項目集

施工管理法と建設機械施工法の出題分析と重要項目集

 試験勉強では過去問題を分析し、重要な部分を問題集などで実際に問題を解く勉強法が重要です。そんな中で難易度が高く感じたり、勉強が計画通りに進まず、試験日までに時間がなくなってしまうこともあると思います。
 「これだけ項目集」では、出題傾向を分析して、出題一覧表を作成しています。
 どのような問題が、どれくらいの頻度で出題されているのか、一目瞭然です。
 毎年出題される問題は、隔年・数年間隔で出題される問題は、頻度の多い出題は、近年人気の問題は、などを考慮し、特化すべき重点問題を掲載しています。

 出題傾向の分析と「これだけ項目集」を使用すれば、
 絞り込んだ重点項目を覚えるだけで、試験日までに合格点が獲れる準備ができます。

これだけ項目集とは

  • 出題分析から重点項目を絞り込み、これだけ項目集を作成しています。
  • これだけ項目集では、出題年度・出題回数は、色を変えて記入しています。
  • 項目の重要度、覚える優先順位などが、ハッキリわかります。
  • Wordデータです。編集して、オリジナルの項目集、問題集が作成できます。
  • 数枚づつ印刷して、通勤中や業務の合間にも、効率的な勉強ができます。

施工管理法と建設機械施工法 これだけ項目集のサンプル

  • これだけ項目集では、建設機械施工管理技士 実地試験の施工管理法と建設機械施工法の、
    次の出題分類について、
    出題傾向分析表と重要項目集を作成しております。

施工管理法 No.01~No.03 では、次のような分野から出題されます。
 ◇ 土工
 ◇ コンクリート工
 ◇ 施工管理

建設機械施工法 No.01~No.03 では、次のような分野から出題されます。
 ◇ 安全施工
 ◇ 作業効率の向上
 ◇ 排出ガス対策
 ◇ 騒音低減対策
 ◇ 建設機械の輸送
 ◇ 施工コストの縮減

オリジナルの重点項目集を作成しましょう。!!
・間違い探し問題の間違った文章は、正しい文章に直しています。
 直した正しい文章は、太字にしています。
・出題年度は、色を変えて記入しています。
 たくさんの色が付いている問題が、よく出る問題です。
・項目の重要度、覚える優先順位などが、ハッキリわかります。
・下記の出題傾向の分析表を参考にして、問題を絞り込めば、
 オリジナルの重要項目集、問題集が作成でき、自由な勉強法で合格率アップ。
・数枚ずつ用紙に印刷すれば、通勤や業務の合間に、効率的で様々な勉強法に利用ができます。

  • このページに掲載している、サンプル解答文は、ほんの一部です。
    また、最新のものではありません。
  • すべての解答例は申込み後、ダウンロードしてご確認ください。

施工管理法 No.03 施工管理/重要項目集のサンプル

1建機記述B  R01-土木-03-2  H29-土木-03-2  H28-土木-03-2
                H27-土木-03-2  H25-土木-03-2

施工計画立案の検討事項と留意点

・施工計画は、過去の同種工事を参考として、従来の方法を踏襲し、新しい方法や技術を総合的に検討して策定する。
・施工計画は、十分な予備調査によって慎重に立案するだけでなく、工事中においても常に計画と対比し、計画とずれが生じた場合には適切な是正措置をとる。
・施工計画は、実際の工事を進めるうえで基本となるため、発注者側と協議して、その意図を理解したうえで計画をたてることが必要である。

・発注者の要求品質を確保するとともに、安全を最優先にした施工計画とする。
・簡単な工事でも、必ず、適正な施工計画を立てて、見積りをする。
・計画は1つのみでなく、代替案を考えて比較検討し、最良の計画を採用する。
・施工計画は、発注者から示された工程が最適であるとは限らないので、契約工期内で、経済性と安全性、品質の確保を考慮して検討する。

・組合せ機械の検討は、従作業の施工能力を主作業の施工能力と同等か、あるいは幾分高めに計画をたてる。
・現場では、機械の故障や燃料補給などの損失時間が発生するため、施工機械の最大能力で施工計画を立案してはいけない。
・工事施工上の制約条件を考慮し、労働力、材料、機械等工事資源の円滑な回転をはかる。
・工事の効率を上げるため、繰り返し作業を増やすことによって習熟をはかる。
・全体のバランスを考え、作業量の過度な大小を避ける。

建設機械施工法 No.01~No.03/重要項目集のサンプル

1建機記述B  H30-機械-01  H29-機械-01  H28-機械-01
               H27-機械-01  H25-機械-02

建設機械の作業効率向上

〔建設機械の選定〕
・現場の地形、傾斜の有無、現場地盤のコーン指数などを考慮し、適切な走行性、トラフィカビリテイが得られる機種を選定する。
・設計条件、現場条件を考慮した上で、建設機械を大型化すると作業効率が向上し、作業量当りの燃料消費量が減少する。
・実作業に近い条件での燃料消費率を比較して機種を選定する。
・掘削運搬作業で、傾斜面の下り勾配を利用する場合は、ダウンヒルカット工法を採用し、使用機械は、ブルドーザ、スクレープドーザ、スクレーパを選定する。
・掘削運搬作業で、運搬距離が 60m以下の場合はブルドーザを採用、40~250mの場合は、スクレープドーザを採用、100mを超える場合はショベル系掘削機やローダとダンプトラックの組合せを選定する。
・運搬作業で走行路のコーン指数が、300kN/m2以上の場合は湿地ブルドーザを、500kN/m2以上の場合は普通ブルドーザを、1,200kN/m2以上の場合は、ダンプトラックを選定する。
・傾斜面で軟岩等を掘削する場所は、ブルドーザで下り勾配を利用したリッパ一作業を選定する。
・ルーズな土砂を積込む場合、バックホウより効率の良いホイルロー ダを選定する。

1建機記述B  R01-機械-02-1  H29-機械-01-1  H27-機械-01-2
                 H26-機械-01-1  H25-機械-01-2

地下埋設物の事故防止対策

・施工に先立ち、埋設物管理者が保管する台帳に基づいて試掘等を行い、埋設物の種類、位置、規格、構造等を目視により確認する。
・試掘で埋設物を確認した場合、その位置を道路管理者、埋設物管理者に報告する。
・埋設物の深さの管理は、標高によって表示しておく。
・埋設物の予想される位置を、深さ2m程度まで試掘を行い、埋設物の存在が確認されたときは、布掘り、つぼ掘りを行ってこれを露出させる。
・掘削作業は、周囲の地盤のゆるみ、沈下などに十分注意して行う。
・掘削作業は、道路管理者、埋設物管理者と協議し、埋設物の補強、移設処置を行う。
・露出した埋設物がすでに破損していた場合は、道路管理者、埋設物管理者に連絡し、修理などの処置を求める。
・管理者の不明な埋設物を発見した場合は、埋設物に関する調査を再度行い、当該管理者の立会を求め、安全を確認した後に処置する。
・露出した埋設物には、物件の名称、保安上の必要事項、管理者の連絡先等を記載した標示板を取り付け、工事関係者等に対し注意喚起する。

1建機記述B  H29-機械-02  H28-機械-02  H27-機械-02
                H25-機械-03  H24-機械-01

排出ガス対策

〔運転操作、施工方法〕
・空ふかし、急ブレーキ、急旋回、過負荷運転などを避け、省エネ運転を実行する。
・運転は、必要以上の高速走行は避け、一定速度で滑らかな作業と走行を行う。
・作業待ち等の時間は、まめにエンジンを停止し、無駄な燃料消費を避ける。
・現場内での機械の配置は、民家側から離して作業を行う。
・作業時間帯、作業工程を工夫し、作業時間を短くし周辺住民の環境保全に努める。

〔点検整備、維持管理〕
・日常整備、点検を適正におこなって機械の性能を正常に保つことにより、エネルギーロスを低減する。
・適正な燃料を使用し、建設機械は定期的に点検整備し、最高の作業性能を維持する。
・建設機械を効率的に活用するために整備を行い、常に安全で高稼動率を確保する。
・使用条件、環境などを考慮して、エレメントの清掃、トラックリンクの張調整、タイ空気圧の調整など適正な点検、整備を行う。
・建設機械は日常定期の整備を適正に行い、機械不良による排出ガス発生を抑える。

施工管理法と建設機械施工法 出題傾向分析表

難易度が高くても高得点を取る必要なし。時間をかけずに、確実に合格点、合格率アップを目指しましょう。!!
・毎年出題されている、過去問で頻出される問題はないか。
・頻繁に出題されている問題の周期は、1年置きか、2年置きか、3年置きか。
・久々に出題された問題があるが、同じような怪しい問題はないか。
・しはらく出題されていないが、気になる問題はないか。
このように、特化すべき重点問題を絞り込むことで合格率アップに繋がります。
試験日までの時間や難易度を考察し、計画性を持って合格を目指しましょう。

  • 過去問題の出題傾向から出題予想分析し高い確率で予想的中させています。
  • ◎は、予想が的中したものです。

施工管理法
  NO.02 コンクリート
予想 R03 R02 R01 H30 H29 H28 H27 H26-H24
 コンクリート運搬の留意事項
 コンクリート打込み留意事項
 コンクリート締固めの留意点
 コンクリート打継目留意事項 1
 材料分離を防止する留意点 1
 コンクリート養生の留意点 1
 寒中コンクリートの養生
 暑中コンクリートの養生
 マスコンクリートの養生
 鉄筋の組立て
 寒中コンクリートの施工
 暑中コンクリートの施工
施工管理法
  NO.03 土工
予想 R03 R02 R01 H30 H29 H28 H27 H26-H24
◇ 記述問題
 施工計画立案の検討事項
 工期設定の検討事項と留意点
 現場での事前調査事項 1
 仮設備の計画立案
 地下水位以下の掘削と排水 1
 品質規定方式と工程規定方式
 工程図表の特性 1
 横線式工程表の作成 1
建設機械施工法
  NO.01~NO.03
予想 R03 R02 R01 H30 H29 H28 H27 H26-H24
◇ 安全施工
 建設機械の運転操作の安全 1
 搬入搬出や保守管理の安全
 施工現場の安全対策
 地下埋設物の事故防止対策 2
 架空線の事故防止対策 2
 工事現場付近の交通事故防止 2
 機械の転倒防止対策 1
 運転操作オペレータの留意点
◇ 作業効率の向上  
 建設機械の作業効率向上 1
◇ 排出ガス対策  
 排出ガス対策 2
◇ 騒音低減対策  
 建設機械の騒音対策 2
◇ 建設機械の輸送  
 建設機械の輸送の留意点
 建設機械の積込み積降し作業
 建設機械の現場内の自走輸送
  • 出題傾向と出題予想のサンプルは、ほんの一部です。
  • これだけ項目集では、1級 実地試験で出題される
    全ての出題分類について、出題傾向と出題予想を作成しています。
  • 全ての出題予想は申込み後、ダウンロードしてご確認ください。

1級 建設機械施工管理 第二次検定 支援ツール
3,000 円(税込)

組合せ施工法の解答例と部品集、
施工管理法と建設機械施工法の出題分析と重要項目集

解答例と部品集、出題分析と重要項目集は、ダウンロードすれば、即使用できます。

お申込みはこちら ▶

建設機械施工管理技士試験の対策

建設機械施工管理技士の学科試験は、他の資格試験と同様に過去問題や解説集を中心とした勉強方法での学習が有効です。試験の過去問や解答速報をまとめたwebサイトも多数あるのでそれらを利用するのも良いでしょう。

学科試験や実地試験の対策として事前講習が例年行われています。試験の対策事項を教えてもらえますが参加せずとも、重要項目やポイントを押さえた勉強方法で学習を行えば、独学であっても十分に合格ラインを上回ることは可能です。

1級建設機械施工管理技士の実地試験の経験記述は記述式の試験であり、試験中に解答を考えると時間が足りなくなってしまいます。ここで不合格になってしまわないためにも、事前に解答例を参考に模範解答を準備しておき、暗記しておくという勉強法で十分に対策を取っておきましょう。

資格を取得するメリットとして、各種運転技能講習の全部又は一部が免除され、車両系建設機械に乗れるようになるための、時間の短縮や経費の削減になります。

1級と2級の2種類ともに、合格発表後に合格証明書を受理することで、監理技術者や主任技術者に就くことのできる有資格者になることができます。合格発表後は忘れずに申し込みの手続きを行うようにしましょう。

1級建設機械施工管理技士試験の勉強法と試験内容

建設現場で使用する建設機械を使った施工、運転操作、安全管理では、監理技術者・主任技術者が現場の責任者として、施工管理を行う技士を置かなければなりません。その責任者を認定する国家資格が、1級建設機械施工管理技士試験です。現場の監督者という立場で、建設現場を指揮・管理します。

1級建設機械施工管理技士の受験資格は、指導監督の実務経験がある人、2級合格者が一定の実務経験を経た後に受験することができます。試験は、第1次検定(筆記試験)と第2次検定(実地試験)に分かれますが、第1次検定の合格率は約20~30%、第2次検定では約60~80%の合格率となっている、難易度が高い試験です。

1級建設機械施工管理技士試験は、第一次検定は四肢択一の筆記試験3時間、第二次検定では、記述式問題と所定コース内での実技試験が行われますが、第一次検定と第二次検定の筆記試験は同じ日に行われ、2か月後に2次試験の建設機械を操作する実地試験が行われます。

第二次検定の筆記試験は、第一次検定の終了後、午後に実施され、記述式Aと記述式Bの2つがあり2時間が持ち時間です。

記述式Aは、受験者がこれまで従事した建設機械を使った工事から、工事内容と機械の工程上・品質管理上留意した事項を記述する問題です。さらに、同じ現場で他の建設機械を同時に使うときの留意事項を記述します。記述式Aの対策は、日常仕事で扱う建設機械の初期点検や周囲への安全対策、騒音や排ガスなどの環境対策などを実施するとともに、工事が終了するまでに留意した事項やヒヤリとしたことへの対策を考え、それをまとめ実際に記述することで、記述問題の訓練になり、まとめる技術と記述力を習得することができます。

記述式Bは、土木工事に関して3問題のうちから1問を選択して答える問題と、建設機械に関する3問題から1問を選択して答える問題、6問中2問の解答が必要です。記述式Bは、土木工事に関してとありますが、1問は土木の掘削方法、2問目がコンクリートの施工方法、3問目が工事管理の工程表・施工計画・出来形管理・品質管理などの問題です。同じ問題の出題は出ませんが、例えば工事管理の工程表については何度か問題が出ています。そこで、過去10年の問題を問題集や参考書から、問題の内容と技術知識を理解する勉強方法で、記述式Bの1問目の対応は可能です。記述式Bの第2問目は、建設機械を使用する際の安全・環境・経費に関しての問題で、これも過去問を参考にど建設機械の特徴とともに、どのような留意事項があるかを勉強することで、対応力が身に付きます。

記述式AとBは、自分の考えをどうまとめて、限られた様式にどう記述するかがポイントになっているため、日ごろから建設機械について色々な観点から考えを整理し、ノートに記述するなどの訓練が記述式Aと記述式Bへの対策となります。

タイトルとURLをコピーしました