【2022年版】出題予想と解答例 2級建築施工管理技士 第二次検定(実地試験)

2級 建築施工管理技士試験 2022年版

出題予想から試験対策の優先順位がハッキリわかる

2級建築施工管理技士の第二次検定(実地試験)の出題範囲は、問題1 経験記述、問題2 用語問題、問題3 工程表と出来高表、問題4 法規、問題5 躯体工事・仕上げ工事です。

建築施工管理技士の第二次試験(実地試験)は、特に、経験記述問題の試験対策が合格率を上げるポイントになります。2級建築施工管理のテーマは「品質管理」「施工計画」「工程管理」「環境問題」などから出題されます。このサイトで紹介する解答例を参考に自分の経験にあった解答を事前に作成しておくことが重要です。

この記事では、本年度に実施される、2級建築施工管理技士の第二次検定(実地試験)の出題傾向と出題予想をご紹介します。

当サイトでは、建築施工管理技士試験の支援ツールを販売しています。

徹底分析により驚異の的中率を誇る出題予想と解答例

経験記述の支援ツール  3,000 円(税込)

経験記述問題の出題予想と解答例文

実地試験 これだけ項目集  2,000 円(税込)

第二次検定(実地試験)の出題傾向分析&重点項目集

経験記述 支援ツール、実地試験 これだけ項目集を紹介するページは、
このボタンからお進みください。

経験記述 支援ツール ▼  実地試験 これだけ項目集 ▼

1級・2級 経験記述問題、第二次検定(実地試験)に対応。

出題傾向分析と解答例、重点項目集は、ダウンロードすれば、即使用できます。

お申込みはこちら ▶


【2022年】2級建築施工管理技士 実地試験の傾向と出題予想

建築施工管理技士試験の実地試験は、「論文形式」の試験です。
実地試験では記述式での解答を求められるため、難易度が高く感じるかもしれません。

建築施工管理技士の施工経験記述の対策は、出題されるテーマを予想し、事前に準備しておくことです。過去に自分が経験した工事を選び、施工管理項目ごとに、事前に十分な準備をして、解答文を作成しておく必要があります。

2級建築施工管理技士の第二次検定(実地試験)の出題傾向と出題予想をご紹介します。

問題1 施工経験記述

近年の2級建築施工管理技士試験の経験記述問題では、品質管理・施工計画・工程管理・環境問題が出題されています。

2級建築施工管理技士試験の経験記述問題の過去の出題傾向は以下の通りです。

  • 令和03年度(2021年度):「施工計画」
  • 令和02年度(2020年度):「工程管理」
  • 令和01年度(2019年度):「施工計画」・「環境問題」
  • 平成30年度(2018年度):「品質管理」
  • 平成29年度(2017年度):「工程管理」
  • 平成28年度(2016年度):「施工計画」
令和04年度(2022年)の2級建築施工管理技士試験の経験記述問題では、
「品質管理」もしくは「工程管理」の出題が予想されます。

品質管理・施工計画・工程管理・環境問題 の4項目について、しっかりと準備して、臨んでください。


◇ 品質管理 

品質管理 予想 R03 R02 R01 H30 H29 H28 H27 H26 H25-
H17
 品質管理の留意事項 3
  〃  留意した理由 3
 品質管理のあり方 3
  〃  そう考える理由 3
 作業軽減、工期短縮
 労働生産性の向上
 不具合の発生

◇ 工程管理 

工程管理 予想 R03 R02 R01 H30 H29 H28 H27 H26 H25-
H18
 工期遅延の要因と理由 3
  〃  実施した対策 3
 工期の短縮方法 2
  〃  効果と問題点 2
 工期短縮の合理化施工
  〃  その理由
 遅延対策、材料の手配 2
  〃  機械・器具の手配 2
  〃  作業員の手配 2

◇ 施工計画 

施工計画 予想 R03 R02 R01 H30 H29 H28 H27 H26 H25-
H16
 全般、留意事項 1
 事前に考慮すべき事項 4
  〃  施工方法・手順 4
  〃  材料搬入、荷揚げ 4
  〃  材料保管、仮置き 4
  〃  作業床や足場設置 4
  〃  養生の方法 4
  〃  試験、検査の方法 4
  〃  関連工種との調整 4
 施工方法の周知方法 2
  〃  実行の確認方法 2
 事前の考慮事項と対応策 1
  〃  工程、品質、安全、環境 1
 廃棄物の発生抑制 1

◇ 環境問題 

環境問題 予想 R03 R02 R01 H30 H29 H28 H27 H26 H25
 産業廃棄物の発生抑制
  〃  再生利用
  〃  適正処分
  〃  再使用


問題2 用語問題

◇ 仮設工事 

仮設工事 予想 R03 R02 R01 H30 H29 H28 H27 H26 H25-
H17
 足場の壁つなぎ
 防護棚・朝顔 2
 陸墨
 ローリングタワー 3
 床開口部の養生 2
 足場の手すり先行工法 2
 乗入れ構台 1
 親綱 2
 ベンチマーク 1
 安全ブロック 2
 一側足場 1
 つり棚足場 1
 クローラークレーン 1

◇ 内装工事 

内装工事 予想 R03 R02 R01 H30 H29 H28 H27 H26 H25-
H17
 石膏ボードの継目処理 1
 石膏ボードのコナービード 1
 気密シート 3
 石膏ボードの直張工法 1
 壁面のガラスブロック積 1
 グリッパー工法 1
 ビニル床シート熱溶接工法 2
 タイルカーペット 1


建築施工管理技士試験の
「経験記述の支援ツール」「実地試験 これだけ項目集」

おすすめポイントを紹介するページは、このボタンから

「経験記述の支援ツール」「第二次検定 実地試験」 ▼


2級建築施工管理技士 実地試験 問題1 施工経験記述の解答例

施工経験記述問題では、十分な実務経験があるか、現場に常駐する主任技術者として適格であるか、契約条件に基づき施工計画が立案できるか、といったことが問われます。

近年の建築施工管理技士の第二次検定(実施試験)の合格率は30%~40%程度となっています。実地試験の中でも、施工経験記述問題は、正解が公表されていないため自分だけで学習するのは非常に難しい試験です。早めに試験対策に取り掛かり、余裕のあるスケジュールでの学習を行いましょう。

この記事では、2級建築施工管理技士 第二次検定(実地試験)の解答例を紹介しています。
この解答例を参考にして、
自身が体験した独自の現場情報を入れれば、経験記述の解答文が簡単に出来上がります。


◇ 2級建築施工管理技士 施工経験記述の出題テーマ 

近年の2級建築施工管理技士試験の経験記述問題では、
品質管理・施工計画・工程管理・環境問題が出題されています。

品質管理の出題内容

・要求品質を実現するための品質管理活動
  ①工種、②要求品質、③重点品質管理目標、④目標達成する品質管理項目、
  ⑤品質管理項目を定めた理由、⑥管理した内容、実施した内容
・品質管理活動のあり方と効果
  ①現場での組織的な品質管理活動のあり方、②組織的な品質管理活動により得られる効果
・協力業者へ伝達する手段や方法
  ①現場作業所の活動、②現場から社内関連部署への要請
・現場作業の軽減、工期の短縮
  ①工種、②実施した理由、③得られた副次的効果
・労働生産性の向上
  ①工種、②生産性向上のために取り組んだこと、③それにより得られた効果
・不具合の発生
  ①工種、②不具合が発生する要因、③不具合の発生を防止する方策

合理化施工の出題内容

・工期短縮と省力化に効果がある合理化施工
① 工期短縮の合理化施工、理由と効果、②省力化の合理化施工、理由と効果

工程管理の出題内容

・工期遅延の要因と理由、実施した対策
  ①工種名、②工期遅延の要因と理由、③実施した対策
・材料の手配における、工期遅延の要因と対策
  ①工種名、②工期遅延の要因と理由、③実施した対策
・工事用機械・器具の手配における、工期遅延の要因と対策
  ①工種名、②工期遅延の要因と理由、③実施した対策
・労働力の手配における、工期遅延の要因と対策
  ①工種名、②工期遅延の要因と理由、③実施した対策

施工計画の出題内容

・施工計画で、事前に検討し実施した事項と理由
  ①計画項目、②工種名、③事前に検討し実施したこと、④その理由
・施工方法や作業手順を、周知徹底する方法、実行を確認する方法
  ①工種名、②周知徹底する方法、③実行されているか確認する方法
・工程管理、品質管理、安全管理、環境問題、施工前の考慮事項と対応策
  ①項目、②施工前に考慮すべき事項、③その対応策

環境問題の出題内容

・産業廃棄物の発生抑制、再生利用、適正処分の対策
  ①建設副産物対策名、②工種名、③実施した内容、④結果と評価


経験記述の出題項目として近年では、「工程管理」「施工計画」「品質管理」が満遍なく出題されています。
建築施工管理技士の試験日に向けて効率の良い勉強方法で対策を行っていきましょう。
解答例を参考に自分の経験にあった記述分を事前に作成しておくことが重要です。

試験日までに効率的な試験対策を行うため、独自の現場情報に書き換えるだけで、
合格点の獲れる、解答例文を作成しました。

「経験記述問題の解答例」を使用すれば、自分が経験した現場条件に変更するだけで、
確実に合格点が獲れる経験記述の準備ができます。

2級 経験記述の解答例文は、下記の内容で、合計38件、作成しています。
 品質管理 15件、合理化施工 3件、工程管理 8件、施工計画8件、
環境問題 4件。


品質管理の解答例

◇ 品質管理活動のあり方と効果 

① 現場での組織的な品質管理活動のあり方
品質管理において、資材の識別・トレーサビリティーに関する手順を明確にする。どの箇所にどの資材を使用したのか識別・トレース・記録することにより、製品品質の確認・不具合減少効果がある。
② 組織的な品質管理活動により得られる効果
明確な方針を定め、目標達成へ向けPDCAを繰り返すことによって、製品の品質・納期・原価のバラツキを抑えることができる。
顧客へ一定の水準を保った製品を提供することにより、顧客の満足・評価が得られる。

◇ 組織的な品質管理活動により得られる効果 

① 現場での組織的な品質管理活動のあり方
杭地業工事の現場打杭について、
1. 打設計画書・計画図を作成することにより重機作業や人員配置計画を関係請負人に周知し、作業の効率化と他作業との作業調整を図る。
2. 鉄筋カゴの加工組立図、コンクリート配合計画書、杭芯図を現場内に掲示し視える化を実施することで、現場員相互に確認できる体制を構築する。
② 組織的な品質管理活動により得られる効果
上記活動をすることにより得られた効果は以下の通りである。
3. 現場打杭の打設順序を計画通り進めることで重機設置位置等が確定するため、残土排出や鉄カゴ搬入を計画通り進めることができた。
4. 品質管理項目(組立図や配合計画)を現場掲示することで、末端作業員まで品質管理の重要性や管理項目の周知が容易となり、施工上の不具合を減少させることができた。

施工計画の解答例

◇ 施工方法又は作業の方法において、事前に検討し実施したこと 

① 工種名
山留め工事
② 事前に検討し実施したこと
マンション新築工事の山留め工事において、道路横シートパイルの引き抜き時に、土砂が飛散しないように、引き抜きと同時に土砂除去をおこなった。シートパイルに泥落とし用の治具を取付け、水洗いと平行しておこなった。
③ その理由
道路に土砂が飛散した場合、第三者災害の可能性、周辺環境の汚染が問題となる。山留め引き抜き時の、土砂除去をおこなうことにより、これらの問題を防止することができるため。

◇ 施工計画で、事前に検討した事項と理由 

① 計画項目 : 施工方法又は作業の方法
② 工種名 :  鉄骨工事
③ 事前に検討し実施したこと
鉄骨への耐火被覆については、当初は半湿式吹付けロックウールで予定していたが、施工中の粉じん対策や養生、現場内清掃、電気・水道・廃材処理費費用がかかることや作業員不足も想定されたため、巻き付けの耐火被覆材へ変更した。
④ その理由
巻き付けの耐火被覆材は、工場で生産されたものを現場で取り付けるため、現場で作業員が施工するロックウール吹付けに比べて品質のムラがないため。
また、施工時に粉じんが発生しないこと、養生期間が不要なので他工事の作業への支障が少なくなるため。

工程管理の解答例

◇ 工期遅延の要因と理由、実施した対策 

① 工種名
タイル工事
② 工期遅延の要因と理由
商業施設のエントランス改修工事において、タイル熟練工の不足及び、仕上げ工程が、躯体・張り付けモルタル・床タイルの施工手順となるため、工期が遅延することが想定された。
③ 実施した対策
床タイル仕上げを顧客へVE提案し、タイル下地のコンクリートをスタンプコンクリートに変更することとした。張り付けモルタル、床タイルの施工時間及び、資材・施工手間を削減し、工期内に完成することができた。

◇ 工期遅延の要因と理由、実施した対策 

① 工種名 : タイル工事

② 工期遅延の要因と理由
商業施設のエントランス改修工事において、タイル熟練工が不足していた。
また、仕上げ工程が、躯体、張り付けモルタル、床タイルの施工手順となるため、工期が遅延することが想定された。
③ 実施した対策
床タイル仕上げを顧客へVE提案し、タイル下地のコンクリートをスタンプコンクリートに変更することとした。
その結果、張り付けモルタル、床タイルの施工時間や、資材・施工手間が削減でき、工期内の完成が可能になった。


当サイトでは、建築施工管理技士試験の支援ツールを販売しています。

徹底分析により驚異の的中率を誇る出題予想と解答例

経験記述の支援ツール  3,000 円(税込)

経験記述問題の出題予想と解答例文

実地試験 これだけ項目集  2,000 円(税込)

第二次検定(実地試験)の出題傾向分析&重点項目集

経験記述 支援ツール、実地試験 これだけ項目集を紹介するページは、
このボタンからお進みください。

経験記述 支援ツール ▼  実地試験 これだけ項目集 ▼

1級・2級 経験記述問題、第二次検定(実地試験)に対応。

出題傾向分析と解答例、重点項目集は、ダウンロードすれば、即使用できます。

お申込みはこちら ▶


2級建築施工管理技士 実地試験 問題2~問題5の解答例

過去問の出題分析から、重要項目を絞り込み、特化すべき重点項目集を作成。

  • 重点項目集では、出題年度・出題回数は、色を変えて記入しています。
  • たくさんの色が付いている問題が、よく出る問題です。
  • 出題予想から何をやるべきか、試験対策の優先順位がハッキリわかります。
  • Wordデータです。編集して、オリジナルの項目集、問題集が作成できます。
  • 数枚ずつ印刷して、通勤中や業務の合間にも、効率的な勉強ができます。


2級建築施工管理技士 実地試験 問題2 用語問題の解答例

◇ 用語問題 

2建築 実地  H30-2  H28-2  H25-2  H22-2  H17-2
ローリングタワー

用語説明:
高所作業に使用する枠組足場に車輪を取付け、作業床を備えた移動式足場をいう。
留意内容:
安全帯を使用し、作業床には、手すり、昇降設備を設置する。
積載荷重を標識で表示し、定格荷重以上の積載はしない。
作業床上では、脚立、はしごなどは使用しない。
脚輪ブレーキは、移動中を除きロック状態にし、作業員を乗せたまま移動しない。
移動経路にある障害物は撤去し、足元の整理整頓を行う。

2建築 実地  H29-2  H28-2  H25-2  H22-2  H19-2
足場の先組み工法

用語説明:
鉄筋を工場や別の場所でカゴ状に組み上げて、設置場所まで移動し、柱や梁として建て込んでいく工法をいう。
留意内容:
鉄筋が組み合わされる部分に特に注意し、移動やひずみが生じないよう、鉄筋間隔を正しくとり、十分堅固に組立てる。
運搬時・つり上げ時に変形しないように、鉄筋の継手位置、交差箇所は、径0.8mm以上のなまし鉄線で結束する。
移動時の補強を適切に実施するため、ガス圧接・アーク溶接の継手位置は、隣接する継手から相互に、400㎜以上離して配筋する。

2級建築施工管理技士 実地試験 問題5 躯体工事、仕上げ工事の解答例

◇ 躯体工事 

2建築 実地  R01-5B-2  H29-4-2  H26-4-2  H22-4-3
鉄筋のガス圧接継手

 鉄筋(SD 345)のガス圧接継手は、同径の鉄筋を圧接する場合、圧接部のふくらみの直径は鉄筋径の 1.4 倍以上 とし、その長さを鉄筋径の 1.1 倍以上 とする。
圧接面のずれは鉄筋径dの 1/4 以下、圧接部における鉄筋の中心軸の偏心量は鉄筋径dの 1/5 以下、圧接部の折曲がりは 2度以下、片ふくらみは鉄筋径dの 1/5以下 とする。
ただし、dは異形鉄筋の呼び名に用いた数値とする。

2建築 実地  H30-5B-4  H29-4  H27-4  H25-4  H21-4-1
コンクリートの運搬時間

 レディーミクストコンクリートの運搬時間は、JIS において、コンクリートの 練混ぜ開始からトラックアジテータが荷卸し地点に到着するまでの時間として 90分以内 と規定されている。
このため、できるだけ運搬時間が短くなるレディーミクストコンクリート工場の選定をする。
また、コンクリートの 練混ぜ開始 から工事現場での打込み終了までの時間は、外気温が 25℃未満で120分以内、25℃以上で90分以内 とする。
打込み継続中の打重ね時間の間隔限度は、外気温が 25℃未満のときは150分以内、25℃以上のときは120分以内 を目安とし、先に打ち込まれたコンクリートの再振動が可能な時間内とする。
 コンクリートの工事現場内運搬において、高所から縦形フレキシブルシュートを用いてコンクリートを打設する場合、その投入口と排出口との水平距離は、垂直方向の高さの 1/2 以下 とする。

◇ 仕上げ工事 

2建築 実地  R01-5A-6  H30-5C-2  H28-4  H26-4-6  H23-4
陶磁器質タイルの密着張り

 外壁の陶磁器質タイルを密着張りとする場合、張付けモルタルの塗付け後、直ちにタイルをモルタルに押し当てる。
ヴィブラートを用いて、張付けモルタルがタイル裏面全面に回るようにする。
タイル周辺からのモルタルの盛上りが、目地深さがタイル厚さの 1/2 以下 となるように、ヴィブラートを移動しながら張り付ける。
張付けモルタルを塗り付けた後、タイルを 上部から一段おき に水糸に合わせて張り付け、その後、その間を埋めていくように張り付ける。

 有機系接着剤による外壁陶磁器質タイル張りにおいては、タイルと接着剤の接着状況を、張付け作業の途中に確認するとよい。
作業の途中に、張り付けた直後のタイルを1枚はがしてみて、タイル裏面に対して接着剤が 60%以上 の部分に接着しており、かつ、タイル裏の全面 に均等に接着していることを確認した後、次のタイルの張付け作業にかかる。

2建築 実地  H30-5A-7  H26-4-7  H22-4-6  H18-4-7
塗膜の厚さ、塗膜のしわ

 塗装工事において、所定の塗膜厚さを得られているか否かを確認する方法として、
塗料の 使用量 から塗装した面積当たりの塗料の塗付け量を推定する方法や、専用測定器により膜厚を測定する方法がある。
 塗装作業中における塗膜の欠陥であるしわは、下塗りの乾燥が不十分のまま、上塗りを行ったり、油性塗料を 厚塗りした 場合に生じやすい。


短期間・最低限の努力で建築施工管理技士試験に合格するには

建築施工管理技士試験は要領です。合格できる方法があります。

以下のようなポイントを押さえ、特化すべき重点問題を絞り込むことで、
合格率アップに繋がります。
  • 毎年出題されている、過去問で頻出される問題はないか。
  • 頻繁に出題されている問題の周期は、1年置きか、2年置きか、3年置きか。
  • 久々に出題された問題があるが、同じような怪しい問題はないか。
  • しばらく出題されていないが、気になる問題はないか。

試験勉強では過去問題を分析し、重要な部分を問題集などで実際に問題を解くことが重要です。
試験日までの時間や難易度を考察し、計画性を持って合格を目指しましょう。

当サイトでは、建築施工管理試験の支援ツールをご用意しています。

  • 経験記述の支援ツール
  • 実地試験 これだけ項目集
経験記述の支援ツールでは、本年度に出題が予想される施工管理項目(テーマ)に沿った、合格点が獲れる「施工経験記述の解答例文」を多数提供しています。

「実地試験 これだけ項目集」では、出題傾向を分析して、出題一覧表を作成しています。どのような問題が、どれくらいの頻度で出題されているのか、一目瞭然です。

そのため、出題予想から何をやるべきか、試験対策の優先順位がハッキリわかり、
効率的な試験対策が行えます。

「経験記述の支援ツール」と「実地試験 これだけ項目集」を使用すれば、絞り込んだ重点項目を覚えるだけで、試験日までに合格点が獲れる準備ができます。


建築施工管理技士試験の
「経験記述の支援ツール」「実地試験 これだけ項目集」

おすすめポイントを紹介するページは、このボタンから

「経験記述の支援ツール」「第二次検定 実地試験」 ▼


タイトルとURLをコピーしました