2級 建設機械施工管理技士試験

 2級 建設機械施工管理技士試験 のページです。 

建設機械施工管理技士試験 2021年版

出題傾向を見れば、出題は予想できます。

1級 記述式A&記述式B  3,000 円(税込)

記述式Aの解答例と部品集、記述式Bの出題分析と重要項目

1級 記述式A 解答例と部品集   ▼

1級 記述式B 出題分析と重要項目 ▼

2級 学科試験 これだけ項目集  2,000 円(税込)

第一次試験(学科試験)の択一式
共通・第2種の出題傾向分析&重点項目集

2級 第一次検定(学科試験)の択一式 共通・第2種 ▼

1級 第二次検定(実地試験)の記述式A問題&記述式B問題、
2級 第一次検定(学科試験)の択一式 共通問題・種別問題(第2種)に対応。
1,000名以上が合格できた、建設機械施工管理技士試験の支援ツールです。

出題傾向分析と解答例文、重点項目集を、メールで送信しています。

お申込みはこちら ▶

2級 建設機械施工管理技士試験の
「第一次検定 学科試験」

2021年度から試験制度が変更になります。

合格者の呼び名が変わります。
・第一次検定合格者 → 1級〇〇施工管理技士補、2級〇〇施工管理技士補
・第二次検定合格者 → 1級〇〇施工管理技士、2級〇〇施工管理技士

学科と実地の試験名が変わります。
・学科試験 → 第一次検定
・実地試験 → 第二次検定

(例)1級建築施工管理技士試験の場合
第一次検定では、監理技術者補佐として、
 施工の管理方法に関する一般的な知識、施工の管理を適確に行うために必要な応用能力が問われます。

第二次検定では、監理技術者として、
 工事の施工管理を適確に行うために必要な知識、工事に必要な措置を適切に行うことができる応用能力、工事現場における施工計画や施工図を適正に作成できる応用能力が問われます。


試験は要領です。合格できる方法があります。

過去の出題傾向を徹底分析し、出題を予想しています。
 だから、高い確率で予想的中することができるのです。

そして、本年の出題予想を考慮して作成した、
 「経験記述の解答例」と「実地試験のこれだけ項目集」
 使用すれば、確実に、合格点を獲る、準備ができます。

2級 建設機械施工管理技士試験の「第一次検定 学科試験」

支援ツールのおすすめポイントを、少しだけ紹介します。

    

2級 第一次検定 択一式 共通問題 ▼ 2級 第一次検定 択一式 第2種 ▼

建設機械施工管理技士試験 2級 第一次検定(学科試験)

2級建設機械施工管理 第一次検定 学科試験 これだけ項目集

 試験勉強では過去問題を分析し、重要な部分を問題集などで実際に問題を解く勉強法が重要です。そんな中で難易度が高く感じたり、勉強が計画通りに進まず、試験日までに時間がなくなってしまうこともあると思います。
 「これだけ項目集」では、出題傾向を分析して、出題一覧表を作成しています。
 どのような問題が、どれくらいの頻度で出題されているのか、一目瞭然です。
 毎年出題される問題は、隔年・数年間隔で出題される問題は、頻度の多い出題は、近年人気の問題は、などを考慮し、特化すべき重点問題を掲載しています。

 出題傾向の分析と「これだけ項目集」を使用すれば、
 絞り込んだ重点項目を覚えるだけで、試験日までに合格点が獲れる準備ができます。

これだけ項目集とは

  • 出題分析から重点項目を絞り込み、これだけ項目集を作成しています。
  • これだけ項目集では、出題年度・出題回数は、色を変えて記入しています。
  • 項目の重要度、覚える優先順位などが、ハッキリわかります。
  • Wordデータです。編集して、オリジナルの項目集、問題集が作成できます。
  • 数枚づつ印刷して、通勤中や業務の合間にも、効率的な勉強ができます。


択一式 共通問題 2級 第一次検定(学科試験)

択一式 共通問題 2級 これだけ項目集サンプル

  • これだけ項目集では、2級 建設機械施工管理技士 学科試験の択一式共通問題で出題されるすべての、次の出題分類について、
    出題傾向分析表と重要項目集を作成しております。

択一式共通問題は、選択問題と必須問題に別れ、全部30問が出題されます。
選択問題は、特異な分野を選択するより、出題頻度の高い問題を選択した方が、高得点につながります。

選択問題 No.01~No.16 では、次のような分野から出題されます。
 ◇ 土の性質       ◇ 道路
 ◇ 岩の分類       ◇ 舗装
 ◇ コンクリート     ◇ 河川
 ◇ 土工         ◇ 測量
 ◇ 土留め支保工     ◇ 施工計画  
 ◇ 基礎工        ◇ 工程管理
 ◇ 杭の施工       ◇ 品質管理
 ◇ 軟弱地盤対策     ◇ 技術者の行動規範

必須問題 No.17~No.20 では、次のような分野から出題されます。
 ◇ 建設機械原動機
 ◇ 石油燃料
 ◇ 潤滑剤

選択問題 No.21~No.25 では、次のような分野から出題されます。
 ◇ 建設業法           ◇ 道路法
 ◇ 公共工事標準請負契約約款  ◇ 道路法施行規則  ◇ 廃棄物の処理清掃
 ◇ 公共工事の入札及び契約   ◇ 道路法施行令   ◇ 建設リサイクル法
 ◇ 騒音規制法(振動規制法)  ◇ 車両制限令

選択問題 No.26~No.30 では、次のような分野から出題されます。
 ◇ 労働基準法      ◇ 労働安全衛生法
 ◇ 年少者労働基準規則  ◇ 労働安全衛生規則
 ◇ 労働契約法      ◇ 労働安全衛生法施行令

オリジナルの重点項目集を作成しましょう。!!
・間違い探し問題の間違った文章は、正しい文章に直しています。
 直した正しい文章は、太字にしています。
・出題年度は、色を変えて記入しています。
 たくさんの色が付いている問題が、よく出る問題です。
・項目の重要度、覚える優先順位などが、ハッキリわかります。
・下記の出題傾向の分析表を参考にして、問題を絞り込めば、
 オリジナルの重要項目集、問題集が作成でき、自由な勉強法で合格率アップ。
・数枚ずつ用紙に印刷すれば、通勤や業務の合間に、効率的で様々な勉強法に利用ができます。

  • このページに掲載している、サンプル解答文は、ほんの一部です。
    また、最新のものではありません。
  • すべての解答例は申込み後、ダウンロードしてご確認ください。

◇ コンクリートの性質と施工

2建機択一  R01前期-03  H30-03  H29-03  H27-03  H25-04
コンクリートの打込み

・高いところからコンクリートを打ち込む場合には、縦シュートを用いる
・打込み中に材料分離を生じた場合には、打込みを中断し、材料分離を抑制する。
・打継ぎ面のレイタンスは、新旧のコンクリートの付着力を低下させるため、必ず除去しなければならない。
・水平打継目の施工では、旧コンクリート表面のレイタンスなどを完全に除去し、十分に吸水させ新しいコンクリートを打ち込む。

◇ 土工

2建機択一  H29-16  H28-16  H27-16  H26-15  H25-15
土質試験と結果利用

   (土質試験)            (結果利用)
静的円すい貫入試験      … トラフィカビリティの判定
ポータブルコーン貫入試験
突固めによる土の締固め試験  … 最大乾燥密度、最適含水比の判定
・土の粒度試験         … 土質の判定
土の標準貫入試験       … 地盤強度の測定

・現場透水試験        … 透水係数の測定
平板載荷試験        … 地盤支持力の判定、地盤反力係数の測定
・含水比試験         … 土の含水量の測定
・土の密度試験         … 路床盛土の品質管理
・CBR試験           … 路床土の支持力比の測定
・現場における土の単位体積重量試験 … 土の締固め管理

◇ 石油燃料

2建機択一  R01後期-19  H30-19  H29-19  H28-19  H26-20
軽油の特性

・軽油の着火性を示す値としてセタン価(セタン指数)が使用されている。
セタン価は、大きいほど、エンジンの始動が容易であり、着火性がよい。
・軽油の着火性を示す値であるセタン価(セタン指数)は 45以上 である。
・軽油の着火性を示す値であるセタン価(セタン指数)は、特1号、1号は 50以上、
2,3号、特3号は 45以上 である。

・ディーゼルエンジンの燃料として、揮発性は必要としない
・低温特性の違いにより 特1号、1~3号、特3号 に分類されている。
・ガソリンと比べて、引火点が高い
・引火点は、3号と特3号が45℃、特1号と1号と2号が50℃ と定められている。
・排出ガス規制に対応する硫黄分(質量)は、0.0010% 以下(10ppm 以下)

流動点は、流動性を維持できる限界温度を示している。
・燃料フィルタが閉塞する目詰まり点の温度は、流動点より高い
目詰まり点は燃料がディーゼルエンジンのフィルタを通過する最低温度を示す。
・高粘度であるため、低温流動性が重要である。

択一式 共通問題 2級 出題傾向の分析

出題傾向分析表のサンプル / 択一式共通問題

難易度が高くても高得点を取る必要なし。時間をかけずに、確実に合格点、合格率アップを目指しましょう。!!
・毎年出題されている、過去問で頻出される問題はないか。
・頻繁に出題されている問題の周期は、1年置きか、2年置きか、3年置きか。
・久々に出題された問題があるが、同じような怪しい問題はないか。
・しはらく出題されていないが、気になる問題はないか。
このように、特化すべき重点問題を絞り込むことで合格率アップに繋がります。
試験日までの時間や難易度を考察し、計画性を持って合格を目指しましょう。

  • 過去問題の出題傾向から出題予想分析し高い確率で予想的中させています。
  • ◎は、予想が的中したものです。

選択問題 NO.01~No.16 予想 R02 R01
後期
R01
前期
H30 H29 H28 H27 H26-H25
 
◇ 土の性質
 土の含水比 1
 土の締固め 1
 土の乾燥密度 1
 土の性質 1
 土の強度 1
 粒形による土の分類 1
 
◇ 岩の分類
 岩の分類と状態 1
 
必須問題 No.17~No.20 予想 R02 R01
後期
R01
前期
H30 H29 H28 H27 H26-H25
 
◇ 建設機械原動機
 ディーゼルエンジンの長所 1
 ディーゼルとガソリンの比較
 ディーゼルエンジン構造特性 2
 ディーゼルエンジンとオイル
 ディーゼルエンジン運転取扱
 建設機械用エンジンの取扱い
 寒冷時のディーゼルエンジン 1
 エンジン性能曲線の項目
 
  • 出題傾向と出題予想のサンプルは、ほんの一部です。
  • これだけ項目集では、2級 学科試験で出題される
    全ての出題分類について、出題傾向と出題予想を作成しています。
  • 全ての出題予想は申込み後、ダウンロードしてご確認ください。


  択一式の共通問題&種別問題(第2種)がセットになって、
    この価格(2,000円)で提供しています。

2級 学科試験 これだけ項目集  2,000 円(税込)

第一次検定(学科試験)の択一式
共通・第2種の出題傾向分析&重点項目集

出題傾向分析表と重点項目集を、メールで送信しています。

お申込みはこちら ▶

択一式 種別問題(第2種) 2級 第一次検定(学科試験)

択一式 (第2種) 2級 これだけ項目集サンプル

オリジナルの重点項目集を作成しましょう。!!
・間違い探し問題の間違った文章は、正しい文章に直しています。
 直した正しい文章は、太字にしています。
・出題年度は、色を変えて記入しています。
 たくさんの色が付いている問題が、よく出る問題です。
・項目の重要度、覚える優先順位などが、ハッキリわかります。
・下記の出題傾向の分析表を参考にして、問題を絞り込めば、
 オリジナルの重要項目集が作成できます。
・数枚ずつ用紙に印刷すれば、通勤や業務の合間に、効率的な勉強ができます。

  • このページに掲載している、サンプル解答文は、ほんの一部です。
    また、最新のものではありません。
  • すべての解答例は申込み後、ダウンロードしてご確認ください。

◇ ショベル系建設機械の特徴

2建機第2種  R01後期-02  H30-01  H29-01  H28-03  H25-01
クラムシェルの特徴と用途

クラムシェルは、深さ 10m以上の開削工事における揚土作業に一般的に使用されるショベル系機械である。
・クラムシェルは、シールドの立坑やオープンケーソンの掘削、水中掘削など、狭い場所で深い掘削のほか、砂や砂利の荷役作業に用いられる。

機械式クラムシェルは、バケットの重みで土砂にくい込み掘削するもので、くい込んだ土砂をつかみとる力はロープ掛数やバケットタイプにより変わる。
油圧式クラムシェルは、ビル工事の根切や地下鉄工事の集積土さらいに用いる。
ワイヤロープ式クラムシェルは、バケットの重みで土砂に食い込ませ掘削する。

◇ 油圧ショベルの構造と機能

2建機第2種  R01後期-06  H30-05  H28-04  H27-06  H27-03
油圧ショベルの原動機、エンジン

・原動機には、ターボチャージャ付ディーゼルエンジンが採用されている。
・油圧ショベルは、原動機に直接噴射式のディーゼルエンジンを採用している。
・原動機としては、直接噴射式ディーゼルエンジンを採用しているが、大型の機械では、電動モータを搭載している
・可変容量形油圧ポンプの吐出油量制御は、エンジン回転速度が低くなると、油圧ポンプの吐出流量を減らし、エンジン出力を有効に利用する。
・トラック式油圧ショベルのエンジンは、作業用と走行用と共用していない
・オートアイドルとは、操作レバーを操作していないときに、自動的にエンジン回転速度を下げる制御である。

◇ ショベル系建設機械の作業方法

2建機第2種  H30-16  H29-17  H28-19  H26-17  H25-16
ワイヤロープ式クラムシェルの作業方法

・掘削深さ 20m 以上の機種選定は、ワイヤロープ式クラムシェルが適している。
・水中掘削の場合の機種選定は、ワイヤロープ式クラムシェルを基本とする。
・ワイヤロープ式クラムシェルは、ブームを立てた方が重い荷のつり上げに有利。
ブームをできるだけ立てた方が、旋回が容易で、高い所へ排土できる。
・開閉ロープの本数は、硬い土質では掛け数を増やし、軟らかい土質では減らす
・掘削作業におけるバケットの巻上げは、バケット開閉ロープを緩めないで行う
・深い箇所の掘削で掘削地点が目視できないときは、合図者を必ず配置する

択一式 (第2種) 2級 出題傾向の分析

出題傾向分析表のサンプル / 択一式 第2種

難易度が高くても高得点を取る必要なし。時間をかけずに、確実に合格点、合格率アップを目指しましょう。!!
・毎年出題されている、過去問で頻出される問題はないか。
・頻繁に出題されている問題の周期は、1年置きか、2年置きか、3年置きか。
・久々に出題された問題があるが、同じような怪しい問題はないか。
・しはらく出題されていないが、気になる問題はないか。
このように、特化すべき重点問題を絞り込むことで合格率アップに繋がります。
試験日までの時間や難易度を考察し、計画性を持って合格を目指しましょう。

  • 過去問題の出題傾向から出題予想分析し高い確率で予想的中させています。
  • ◎は、予想が的中したものです。

ショベル系建設機械の特徴構造
 No.01~No.10
予想 R02 R01
後期
R01
前期
H30 H29 H28 H27 H26-H25
 
◇ 油圧ショベルの構造と機能
 クローラ式とホイール式
 走行方式と作業性 1
 油圧ショベル原動機エンジン
 油圧ショベルの走行ブレーキ
 油圧ショベルの旋回ブレーキ
 油圧ショベルの旋回装置
 機械リンク式の操縦装置
 バックホウの燃料
 下部走行体の動力伝達系統図 2
 油圧式動力伝達の特徴 1
 
  • 出題傾向と出題予想のサンプルは、ほんの一部です。
  • これだけ項目集では、2級 学科試験で出題される
    全ての出題分類について、出題傾向と出題予想を作成しています。
  • 全ての出題予想は申込み後、ダウンロードしてご確認ください。


  択一式の共通問題&種別問題(第2種)がセットになって、
    この価格(2,000円)で提供しています。

2級 学科試験 これだけ項目集  2,000 円(税込)

第一次検定(学科試験)の択一式
共通・第2種の出題傾向分析&重点項目集

出題傾向分析表と重点項目集を、メールで送信しています。

お申込みはこちら ▶

2級建設機械施工管理技士試験の勉強法と試験内容

建設現場で使用する建設機械を使った施工、運転操作、安全管理では、主任者が現場の責任者として施工管理を行う技士を置かなければなりません。その責任者を認定する国家資格が、建設機械施工管理技士試験で、主任者に任命されるのは、2級建設機械施工管理技士です。

2級建設機械施工管理技士の受験資格は、第一次検定は17歳以上であればだれでも、第二次検定は、学校卒業後に学歴に応じた実務経験年数を経て、受験することができます。2級建設機械施工管理技士試験は、第一次検定(筆記試験)と第2次検定(実地試験)に分かれますが、第一次検定は約40~60%の合格率、第二次検定では約85%の合格率となっています。

2級建設機械施工管理技士試験の第一次検定の試験内容は、土木工学、施工管理法、建設機械原動機、石油燃料、潤滑剤、法規から30問が出され、60%以上得点できれば合格です。ただし、2級の四肢択一問題は選択制で、土木工学などからの問題16問中10問の選択、石油燃料などの問題4問は全問解答、法規問題10問は6問が選択となって、計20問の解答数になります。

2級は続いて午後から、第1種がトラクター系、第2種がショベル系、第3種がモーターグレーダー、第4種が締め固めよう、第5種が舗装用、第6種が基礎工事用などの建設機械のうちから、受験する機械種を選びます。1機種の問題は、20問の四肢択一問題を40分で全問解答する必要があります。

例えば2種で受験する場合、機械種はショベル系建設機械となって、パワー・ショベル、バックホウ、ドラグライン、クラムシェルなどの建設機械の機能・構造・特徴・操作方法・故障内容と原因・時の対応・施工方法・作業量計算が問題として出されます。

2級建設機械施工管理技士試験の共通試験問題も機種問題も、過去10年の出題傾向を見ると、出題分野が決まっていることもあり、同じような問題が繰り返し出されています。例えば、2級試験の平成29年の1問目は、土の締固めについての問題ですが、平成30年の1問目も土の締固めについての問題です。ただし、選択肢の内容は表現を変えているため、過去問題を勉強していても同じ問題とは気が付かないかもしれません。したがって、過去問を勉強するときは、丸暗記せずに内容を理解し、さらに参考書で周辺の知識も覚え込むことで、問題の本質が見えて、過去問題とリンクできるでしょう。

2級建設機械施工管理技士試験の勉強方法は、過去問を10年分の過去問題集をもとに繰り返し勉強し、参考書使って内容の理解を深めることが効果的です。




タイトルとURLをコピーしました