経験記述の部品集 その1/土木施工管理技士試験

試験対策の優先順位がハッキリわかる、土木施工管理技士試験に合格したいあなたへ
次のページは、1級 2級 土木施工管理技士の、経験記述、実地試験、学科試験のページです。
過去問を徹底分析した出題予想と使える解答例を多数紹介しています。

土木施工管理技士試験のデジタル教材が選ばれる理由は、
・技術士と施工管理技士が作成した確実に合格点が獲れる教材
・驚異の的中率を誇る出題予想、過去問と解答例
・試験対策の優先順位がハッキリわかる
・最低限の努力で合格点が獲れる
・スマホで使える。通勤中や業務の合間にも、効率的な勉強ができる

土木施工管理技士試験/経験記述、実地試験、学科試験の過去問、出題予想と解答例


土木施工管理技士試験、経験記述の部品集は、
品質管理、工程管理、安全管理、環境保全、建設副産物の出題項目について、
「理由(○○のため)」と「対応処置」に区分した部品集を多数準備しています。
この部品集から自身が体験した施工内容を選び、独自の現場情報を入れれば、
経験記述の解答文の骨格が簡単に出来上がります。

経験記述の部品集の掲載項目/土木施工管理

〔 品質管理 〕
〔 工程管理 〕
〔 安全管理 〕
土 工
・掘削、盛土、埋戻し
・調査、観測
・工事用道路
基礎工
・排水対策、湧水対策
・軟弱地盤対策
・地盤改良、置換え
・基礎杭、アースドリル
コンクリート
・材料、種類
・プラント工場
・運搬、配合
・打込み、養生
・脱型の時期
・テストピース、ジャンカ
・コールドジョイント
・ひび割れ、クラック
・仕上げ
鉄筋工
・かぶり、養生、継手
・内部欠陥
舗装工
・プラント、運搬
・温度管理、舗設
下水道
・推進工、管材料
塗装工
品質管理の方法
・施工要領書、熟練工
・チェック、その他
土 工
・掘削、埋戻し、残土
・運搬、搬入出
・工事用道路
コンクリート工事
・コンクリート工
・温度対策、型枠、砕石
一般工事
・気象、気候、時間、時期
・作業員の増員
・班編成、配置
・機材の増加、並行作業
・手戻り、手直し
・ネットワーク工程表
・バーチャート工程表
・フロート
・クリティカルパス
・工程会議、打合せ、協議
・教育、指導
・調査、確認、チェック
・工程調整
土 工
交通事故、車両事故
・交通事故、接触事故
・車両事故
関連工事
機械災害、器具災害
安全活動、教育
・安全活動、安全教育
・新規入場者教育
墜落事故、転落事故
飛来事故、落下事故
感 電
酸素欠乏
火 災


〔 環境保全 〕
〔 建設副産物 〕
・地球温暖化
・熱帯林の減少
・水質汚染、濁水対策
・地下水処理
・大気汚染、粉塵対策
・資源の枯渇
・環境負荷の低減
・騒音対策、振動対策
・廃棄物の処置対策
・コンクリート塊
・アスファルト塊
・建設発生土
・建設汚泥
・建設発生木材
・型 枠
・金属くず
・その他の副産物
・ゴミ処理


引き続き、土木施工管理技士試験、経験記述の部品集を紹介いたします。
このページに掲載している、部品集のサンプルは、ほんの一部です。
全ての部品集は、支援ツールを申込み後、ダウンロードして、ご確認ください。


品質管理、盛土・埋戻し/サンプル部品集

○○のため 部品集

○埋戻・盛土による、路床部の安定を図り、強度を確保するため
○現場発生土は、高含水比であり、無処理では盛土材として不適当であったため
○安定したトラフィカビリティーを確保するため
○盛土工法の決定と、盛土の締固めの管理が必要であったため

○コーン指数が3~4と、トラフィカビリティーの確保が困難であったため
○飽和度、空気間隙率の管理基準値をクリアするための施工方法を検討するため
○盛土材、搬入条件、雨水処理などの問題点を解決し、盛土の品質を確保するため
○設計時調査に比べて、盛土材料のばらつきが大きく、細粒分含有率が00%も高いことが判明したため

対応処置 部品集

○盛土部は、構造物沿の各層の仕上り厚さが、00cm程度となるように薄層に敷き均した
○狭い構造物の間は、砕石で埋戻し、タンパで十分締め固めた
○タイヤローラ、マカダムローラで十分締め固めを行い、最大乾燥密度00%を確保した
○振動ローラーで念入りに転圧を行い、強固な路床部を形成した

○中詰材は、運搬能力などを考慮して、山砂を選定した
○所要の単位体積重量を湿潤状態において試験した後、その性状を確認した
○シルト分以下の細粒含有率00%以下を確認するため、粒度試験を行い品質を確認した
○現場での中詰材の施工は、目視により異物の有無、最大粒径を確認した

工程管理、運搬・搬入搬出/サンプル部品集

○○のため 部品集

○現場へは4tダンプトラックしか出入できないため、一日の残土搬出量が限定されていた
○バックホウによる積込に、相当量の日数を要することが予測された
○残土搬出に使用する25tクレーンは、県道に設置して作業する必要があった
○10tダンプトラック等の走行が困難となり、使用資材の搬入に支障をきたしたため

対応処置 部品集

○現場付近の空地を借用し、新たな資材・骨材仮置場として、運搬時間を短縮した
○鉄板を敷き直して、運搬車の走行速度を上げることで、作業能率を向上させた
○車輛の運搬路には、鉄板を敷き直し、待機場所を設置した
○ケーブルクレーンを追加して、資材運搬の効率化を図った

○当初の10tダンプから32t級の大型ダンプに使用変更し、ダンプワークを向上させた
○ダンプトラックの回転場所には、斜面からの転落防止のためのH形鋼を土中に打ち込み、転落防止棚を設置した
○ダンプトラックのトラフィカビリティーを確保するため、栗石とクラッシャーランを敷き転圧を行った
○搬入ヤードと残土の搬出ヤードを南北に分けることにより、日進量の向上を図った

安全管理、関連工事/サンプル部品集

○○のため 部品集

○関連他工事との重複作業のため、作業員の自主性・創造性を引き出す安全対策に留意した
○盛土の施工と、構造物の築造の並行作業であり、安全性が求められたため
○狭あいな場所での他業者との同時作業であったため

○他工事との輻輳作業であり、上下作業が頻繁になる作業であったため
○関連他工事の仕上工程との調整作業であったため
○他工事との共同作業の重要性を認識し、連携強化に基づく安全対策が求められていたため

対応処置 部品集

○他工事や関連他作業との上下作業を回避する工程計画とした
○安全協議会にて、関連他工事と輻輳する工程を調整し、詳細工程表を作成した
○他工事の総合工程表との照合により、上下作業や輻輳作業を回避する作業調整を実施した
○工程進捗状況により変わる、輻輳箇所を作業者に周知徹底した

○関連他業者と打ち合せを行い、作業調整をして輻輳する作業を回避した
○輻輳作業時の監視や、協力の枠組み作りの明確化を図った
○発注者、関連施工業者からなる連絡会議を常設し、必要な情報交換を行った
○関連他業者の現場代理人と工程表に基づき、綿密な打ち合わせを実施した

環境保全、大気汚染・粉塵対策/サンプル部品集

留意事項:大気汚染・粉塵対策

処置対策:

○コピーの裏面の使用、アイドリングの停止、環境対応建設機械の使用、現場内の緑化などに努めた。
○建設機械については、排気ガス対策ずみ、排ガス対応型の重機を使用した。
○工事現場に入るすべての車両のアイドリングをストップさせ、大気中のCO2を減らした。
○現場での重機・車両のアイドリングストップを関係者に教育し、その効果を現場にて確認した。

○掘削土置き場では、強風時に粉塵等の巻き上げが懸念されたため、基礎工事における近隣地への保全措置を検討した。
○粉塵対策として、一時的に大面積の掘削箇所が発生しないよう工事計画の最適化を検討した。
○掘削箇所について、掘削面の保護、掘削土の飛散防止等の保全措置について検討した。
○建設重機の稼動について、硫黄分や窒素分の少ない良質燃料を使用する建設車両使用について検討した。

建設副産物、建設発生木材/サンプル部品集

留意事項:木材、寄木の養生材、こん包材の木材

処置対策:

○養生紙をプラスチックダンポールに変更し、他の現場で再使用した。
○小さくカットして木材チップにし燃料として使用した。
○現場内に繁茂していた孟宗竹の処理について、一部は切断して竹柵として利用した。枝葉は竹粗朶にして現場沈砂池の濁水濾過材として活用した。
○立木をチップ化して、根幹部はパルプ材として、枝葉部は法面緑化基盤材料として、有効活用することを検討した。

○細粒チップを堆肥に加工する場合は自然発酵で2~3年必要になる。加工時に、腐熟促進剤を添加することにより2~3ヶ月で完全腐熟し、腐臭も発生しない新技術の導入についても検討を行った。
○工事現場で発生する伐採木等の枝葉・根株約0,000m3をチップ化した。
○チップ材を、法面の緑化材、マルチング材、堆肥、牛舎の敷藁などに有効利用する方法について検討した。
○伐採した樹木をチップ化し、法面の植生基盤材として有効活用を図った。

結果評価:

○新工法の採用により、伐採木や発生土を現場外へ搬出させることなく現地で使用することができ、周辺植生と調和した緑化復元を図ることができた。


1級土木施工管理技士は、全国建設研修センターが実施する試験に合格することで、河川、道路、橋梁、港湾、鉄道、上下水道といった土木工事の責任者である主任技術者、現場の全体を指揮する監理技術者といった業務内容で管理を行うことができます。

土木施工管理技士の学科試験は他の資格試験と同様に、過去問からの引用問題や、類似問題も多く出題されます。過去問題の条件や数字を1部変えただけの問題を取りこぼさなければ合格に近づくことができます。

2級土木施工管理技士を取得するには、試験日に向けて勉強計画を立てることをお勧めします。実施試験では経験記述の問題が出題されます。経験記述の試験は事前に解答を作成して暗記しておくことがポイントです。経験記述の解答を作成する際、自分ではわからないミスや、うまく採点者に説明を行える文章になってなかったりすることがあるので、他人に添削してもらうとよいでしょう。

土木施工管理技士試験の学科試験に合格すると技士補の資格を取得することができます。2級土木施工管理技士の学科試験であれば、実務経験がない、学生の方でも受験できるので学生でも2級技士補の資格を取得することができます。


タイトルとURLをコピーしました